uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS 無法者「1」 〜 偉大なり・スピンオフ!

<<   作成日時 : 2017/01/09 12:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

年が明けてもなぜか「ぬるい日」と「寒い日」が
交互に訪れるから、
いい加減、冬らしい日々が続いて欲しい、
と叫ばずにはいられない今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今年も残す所あと51週間!
去年はヤバイ・綱渡りな数ヶ月もありましたが。
今年はどうぞそんな綱渡りなことから
遠ざけてください、と必死に願う今日この頃。

そのお願いも兼ねて
新春早々「神頼み」をしてきたのは
先週備忘した通りなのですが。

お参りを終えて時計を見たら昼下がり・・・
こんな時間におうちに帰っても
中途半端にグータラするだけやしなぁ・・・

と思って初売りで賑わう街中をブラブラしてたら、
ふと「映画館」なるものが目に入って。

そこでついつい目にしちゃったんですねぇ。
気になってた映画。
んで、上映時間みたら、どんぴしゃ。
あと30分ほどで始まりますよ〜、なタイミング。
座席を見たら、以外と?良い席もまだあったみたいで。

ちうことで。
新春早々、今年の「芸術・エンターテイメント」第一発、
ってことで、映画・見て参りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見たのはこれ!

「ローグ・ワン」〜スターウォーズ・ストーリー

(ちうことで。この先、ネタバレ満載です。ゴメンナサイね。)


さて。
スターウォーズ(SW)。
ルーカスフィルム。

これが でずにー に買収されて。
でずにー も新しい・半永久的な収入源が必要だったんだろな、
ってことで、予想通り?SWのエピソード(EP)7〜9の製作を決定、
早速去年、いや、おととしか。
2015年にEP7が公開されましたよね。

その諸々は以前に備忘した通りですが。。。

http://utaflpic.at.webry.info/201512/article_3.html
http://utaflpic.at.webry.info/201601/article_2.html

うーん。
あれから1年。
やっぱ、EP7、ってますますEP4の焼き直し感が増幅するばかり。
EP4〜6の「公式番外編」的な続編(ややこしー)か、
と認識してしまうばかり・・・

しかも。姫が心臓発作で2016年末に急逝?!
(しかも、お母様が後を追うように・・・ホント、ツライニュースでしたね。)

EP7〜9も、EP4〜6の3人が主役?みたいな流れだったので、
姫の立ち位置、どうするよ?って心配なんですが。
(EP8の撮影は済んでいた、とは言ってもねぇ・・・)

やっぱ、でずにー のやり方って・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という、長い長い前振り?感情?があったので。

このローグ・ワンも、ハッキリ言って見るか見まいか、
ずっと悩んではいたんですよね。

所詮は でずにー の金儲けで作るだけの番外編?

例によって前売り商売もアコギにしか思えなかったしー。
「EP4の10分前までを描く」って
煽りが、どうにも「やらせ」チックに見えてしまってね。

けど、EP7も見ちゃったし、
シリーズ最初から全部リアルタイムで見ているし。
だから、番外編とは言っても見ないと気持ち悪いかも・・・

そんなこんな、で、初詣の帰り、時間丁度合うヤン!
という「言い訳」のもと、映画館に入ったんではありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。
どーだった?って?・・・・・

それが、お兄さん、ちょいと、お兄さん!
これ、めちゃくちゃオモロかったですわ。

EP7なんかより、全然完成度もストーリーテリングもグレード高いし。
いや、でずにー、もうEPの「増設」はやめて、
この手の番外編「だけ」にした方がええのと違いますか?
って叫びたいくらい。

めっちゃ、話がよく出来てたです。

で、パンフレットとか、ネットの記事とかの通りだと。
EP7は、最初ルーカスがテロップを でずにー に出したけど
あっけなく却下されて、結局あの為体。
一方、ローグ・ワンはルーカスのアイデアを元に
話が作られた、とのこと。

もしその通りなんだったら、やっぱルーカス偉大なり!ですわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だってねぇ。
何人かのブロガーの人が書いてたパクリになっちゃいますけど。

まず、番外編、でもEP3と4との間、っていうことで、
結構製作の自由度が高いんですよね。

骨格となる世界観は出来上がってるし。
でもシリーズとは全然関係ナシに話を作れるから、
キャラクターの制約もさほどなし。
辻褄さえ合わせておけばOK、って程度の条件ですもんね。

んで。
例のフォックスファンファーレがないのに、
今度も でずにー のID が流れて、
それからSWのメインテーマ?って心配したのですが・・・

それは杞憂に終わりましたね!
ちうか、メインテーマも、タイトルロールも一切なし。
お約束は最初の「昔々、遙か遠くの銀河系で・・・」
ってテロップが出るだけ。

その後は、なんとなくEP4の最初を思わせるカットで始まるけれど、
ファンファーレもなんもなし。
普通に映画が始まります。

これがまた、スピンオフの強みでしょうね。
だから、めっちゃすんなり話に入れました。
(これにも意味があったのだろうか?と後で思った。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画全体は・・・
さすがにそうは言っても「色々説明が必要」だから、
前半はちょっともどかしい部分もありましたが。

けど、懐かしい風景が舞台で出てきたあたりから
どんどん、EP4の世界が近づいて。

ヤヴィン4!
再びあの基地が出てくる、なんてね!

で、ラスト10分。もう完璧、かも!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこのお話。
「結論がわかってる」系なお話なんですよね。
「タイタニック」みたいな。

映画を見る前に「EP4の10分前」まで、ってのがわかってる、
ってことは、デススターの設計図は絶対反乱軍に渡る、
ってわかってるんですよね。

でもって。
そこまでEP4と密接に繋がるんだったら、
実はローグ・ワンの登場人物、って
殆ど死んじゃうんですよね・・・ってのも予想できるわけで。
(だって、生き残らせたらEP4と齟齬が出ちゃう。)

となると、この人達はどうやって死んじゃうんだろ?
って判ってしまうと、急に感情移入ってやつ、でした。

ンで、同時に。

カメオでC-3POとR2-D2が出てきた日には「うひゃ?」って嬉しいし。
(でも彼らはこの後、姫のお供で
とんでもない冒険にかり出されちゃうんですよね・・・とか。)

ヤヴィン4で、モン・モスマが登場するけど
「あぁ、この人、この基地はEP4でも出るから安泰よね。」って見たり。

また、ダースヴェイダー卿も「出演」してますが!!!!!!
これは声さえあればOKだもんね。

そういった、EP4に出てる人はローグワンでは「セーフ」
ってのが判ってるけれど。
けどやっぱり、メインな登場人物、
それぞれの個性がしっかり際立っててオモロイ、としか!
EP7の新キャラよりずっとオモロイ。
(だから、死んじゃうのがモッタイナイ・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、それから。

デススターといえば、ターキン総督。
サー・ピーター・カッシングって・・・
確かシリーズ主要キャストの最初の物故者だったのでは?
なので、総督はこの話の後、即ちデススター完成後に赴任した、
って話かなぁ(だから後ろ姿程度しかでてこないだろ)・・・って思ってたら?

なんと、ふつーに出演されてるじゃないっすか?
どゆこと?え?どゆこと?

・・・これは、EP4公開時(1976年だっけ?)には
到底できなかった「現代技術」のなせるワザだったようですね。

そういや、EP1でも言われてたけど。
顔の表情はTake3がいいけど、胴体の動きはTake2がいいから、
胴体の動きにTake3の顔を合成して映像を完成させる・・・

その技法のもっと洗練されたやつ、みたいですね。
ターキン総督の顔はEP4のライブラリーから取ってきたんだろね。
で、胴体は「そっくりな体躯」の俳優さんを使ったのだ、とか。

となると・・・
映画見ながら、後半見ながら、
うっすらと・むくむくと、思ってたんですが・・・

ベイル・オーガナ議員の台詞
「そのデータは「彼女」ならちゃんと渡すことが出来ます。」
見たいな台詞。

「彼女」?!
それ、もしかして・・・・「姫」?・・・・・出るの?うそ?
こないだ物故者になったばっかなのに?(涙)

そしたら、あーた。お兄さん!
姫!最後の最後に「出演」してるんだもん!
もう、椅子からずり落ちましたって。

最初、兵士がブリッジに入ったら、
そこには純白のヴェールをまとった人の後ろ姿が。
なので瞬時「後ろ姿と声だけなのかな。」と思ってたら・・・

カメラが正面に回って、
胴体からゆっくりアップ。
その時「ええ、希望に届けるのです。」といった台詞が。

ああ、ここでカメラが止まるか・・・と思ったら止まらずに!
あの うんち巻きヘアー をした キャリー・フィッシャーが!
にっこり微笑んだアップで
その次の瞬間、ハイパードライブに飛んでいって!

そしてそれを見送るヴェイダー卿!

うっわー、もう、背筋凍りまくり!
ホント、ビックリしたし、
感動を全部そのシーンが持っていったかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと落ち着いて。
もう一つの「主役」(?)のデススター。

映画前半では「完成させてはいけない」と言ってるけど、
EP4以降も存在してる、ってことは、完成しちゃうんですよね。
しっかりお話の中で「完成する瞬間」のシーンもあったし。

完成したなら、「試射」もしたいだろうし・・・

と思ってたら・・・
上手いっ!その話のつなげ方。

しかも、あんなものごっつい兵器に
なんであんな単純な「欠陥」があったのか?

・・・単純に言えば、穴に爆弾落としたら
メインリアクターまで一気に爆弾が落ちて、
メインリアクターが爆発したらイチコロよ・・・って。
んな、単純な・・・ってね。

でもその理由も至極自然に繋がってたもんね。

デススターはその設計主任が帝国に脅されて作ったけど、
「こんなもん、アカンやろ。」ってことで
「仕掛けを仕込んでおいた」ってことか!

んで。その試射。

威力をすでに知ってる見てる側としちゃ、
なんで一気にズドンと行かないよ?って思うけど、
工期・納期が大幅に遅れて失敗許すまじ、
ってなりゃ、そりゃパワーを押さえて試射するわな・・・

とかね。
でもパワーを押さえても大地崩壊は簡単に生じる、と見せておいて・・・

それがラストシーンにも繋がるわけで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主役の2人。特にジン・アーソ。
EP7では「なんで女性が主役なの?」
という無理矢理感がありましたが。
(別に男尊女卑でいってるわけじゃないんだけどね。)

ローグ・ワンでは、彼女が主役で全然違和感ナシ。
EP7のレイと同じく、荒くれた環境でたくましく生きている・・・
という「背景」も似てると思うけど。
ジン・アーソの方が「自然と主役になってる」感じがあって、
とても好感持ちました。

で、最初は反目し合う情報部将校・キャシアンと、
だんだん通い合って・・・っていうのは
この手の冒険活劇の王道?

でも2人ともEP4には出ないよねぇ・・・・・

と思ってたら。
やっぱり、ミッションコンプリートの直後、
彼らは海辺で抱き合いつつ、デススターの試射の犠牲に。
でも地上が壊滅する寸前にデススターのデータリレーが始まって・・・

で、あとは畳みかけるように。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう。ラストシーン直前。
真っ暗な暗闇から、あの機械仕掛けの吐息が!
その刹那、真っ赤なライトサーベルが「ブン」と音を立てて伸びると・・・

まさに「いよっ!待ってました!」な登場。
もうその存在感は圧倒的としか。

そういやこれ、EP4の10分前までの話。
ってことはEP3の20年程後の話、のはず。

となると、帝国はますます勢いづいて、
ダースヴェイダー卿なんて、もう絶頂期と違うのん?

そりゃ、EP3を思い出しつつ、
ラストシーンのアクション見たら、
EP4の冒頭のいきなりの存在感!

脂ののりきった シスの暗黒卿 ってわけか!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いっや〜、そんなこんなで、
あっという間の2時間少々!

と思った刹那、もう一つ!
話が終わった直後のエンドロール、
そこでついにSWお約束通りの音楽が!

そういや、音楽。
これ、J・ウィリアムスではないんですよね。
(マイケル・ジアッキーノ、って人。)
でもそのテイストはたっぷり含んでる。
なので、全編通してのBGMもSWの世界観を継承していると思いますが・・・

エンドロールの最初がSWの「いつもの」エンドロールの音楽!

ってことは・・・
ここからSWの本編に戻りますよー!ってことなのかも。

だから?道理で?!
オープニングには一切SWファンファーレを使わなかったのね。
でも、おかげで、20世紀フォックスファンファーレ抜きのさみしさ
ってのが無くなりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ともあれ。
この「スピンオフ」。
今度は、2017年末?にEP8が公開されて、
その次、2018年に、今度はハンソロの若き日?のスピンオフ、
とのこと。

でずにー さん、ってばさー。
もうEPはいいでしょ?
というか、も1度ルーカスにやらせてあげてよ。
でないなら、スピンオフで金儲けしたら?
そっちの方が絶対オモロイよ、これ。

・・・と思った、新春2日目の夜、なんではありました。

やっぱ、語り出したら長くなってしまった・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無法者「1」 〜 偉大なり・スピンオフ! uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる