uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS ジ・オリジン−事の起こりのお話

<<   作成日時 : 2017/02/13 13:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

相変わらず不安定な天気が続いて、
なんでも西日本の日本海側じゃ
記録的な?災害的な?大雪になってる、ってのに、
今週半ばは3月下旬〜4月上旬並みの気温になる、
って、一体全体 どゆこと? 
と思わずにはいられない今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか。

年明けから週ごとに交代で「真冬」「春」
が来てる、って感じっすねぇ・・・
ホント、いよいよ温暖化、ってことなのかしら。
昔のように、冬は冬らしく、
春らしくなるのは春になってから、
ってことでお願いしたいんだけどなー。

そう思うと、冬は冬らしく毎朝キリッと引き締まって、
それが過ぎて暖かくなって春を迎える・・・
昔はよかったもんだ・・・って思うようになると、
いよいよ「トシ」なのか、な。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔はよかった、と言えば?
強引?
昔見たSFやアニメ、最近映像技術・作画技術が
めちゃ向上したから、かな。
リメイク、リブート、なんてパターンや、
スピンオフ的に制作する・・・
それが昨今の「流れ」なんすかね。

でもそれがまた結構オモロかったりするんっすよね。

スターウォーズだって、EP7よりもローグ・ワンの方が
ずっとオモロかったし。

スタートレックなんか、パターンやりつくしたせいか、
禁断のタイムトラベルネタを使って
シリーズそのものを「最初からやり直す」勢いだし。

宇宙戦艦ヤマトなんて、
めちゃリアルさを打ち出した「リブート」したもんね。
そういや、ヤマト、まさかと思ったけれど
「愛の戦士達」も「2202」ってことでやるのだ、とか?
これ、どうするんだろな?
ガミラスと和平協定を結んだから、合同艦隊が出現?
その時点で、すでにオリジナルの愛の戦士達と随分違うだろうし、
肝心の!「ヤマトの諸君!」の総統閣下、
その立ち位置はどうなるんだろ?

・・・とか、興味は尽きないのですが。
ちうことは。
やっぱり、新作ではもうオモロイ、って思える
ハイレベルな作品がなくなってる、ってことなのかなぁ・・・

そんなこんな(?)で、
今日の備忘ネタは、その路線上の作品?

「GUNDAM THE ORIGIN」

について、ちょいとばかり。インプレッション、です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヤマトが最新技術でリメイクされて、
話も整合性を持たせてすっきりさせようとした、
そのコンセプトは成功したな、って思ってます。

となると、同時代、並び立つSFアニメの金字塔?!
ガンダムだって、
ファーストを全部「今の技術」で作り直してみてほしいなぁ・・・

とは思っていたのですが。
まぁ、すでに安彦氏の原作による漫画は
すでにスタートしていましたが。

ガンダム・ジ・オリジン。

ファーストが出た7年後だっけ?
Zが出て、そしてZZとすすんで・・・
そして今や無限増殖中、
「ガンダム」っていう「ジャンル」になってしまった今、
やっぱ、オリジナルがよかったなー、
って改めて思ってるんですよねー。

安彦氏のキャラ、大河原氏のメカ。
富野氏の設定、企画、があってこそ、の
ガンダム世界なんだろな、って思ってるんですが。

最近はどうにも「お子ちゃま」チックになってしまって、
なんだかなー・・・

という、リアルファースト世代なオヂサン、としちゃ、
やっぱりヤマトがやるんだから、ガンダムだって
ファーストリメイクを・・・って思っちゃってたんですよねぇ。

でも本作ではそうじゃなく(リメイクじゃなく)、
「なぜ、シャアは生まれたのか?」
的な、根源(オリジン)を形作るお話、ってことで、
「前日譚」にした、というのがミソだったですね。この作品。

まぁ、なぜ「○○が生まれたか?」ってのは、
スターウォーズの作話でもあるわけですが。
(EP1〜EP3は、言ってみればダース・ヴェイダー誕生物語っしょ?)

でも、ファーストが世に出てもう35年以上。
この ジ・オリジン を見たら、
やはり色々感慨深いものもあったり。
上手に話しをつなげたなぁ、、と思ったり。
現在進行中の「ガンダムシリーズ」よか、
全然オモロイな、って思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジ・オリジンのアニメ化。
一番感動するのが、やっぱり、シャアでしょ。
というより・正確に言えば、CVの池田氏。
今でも現役、てか、シャアの声そのまんま。

これだけ時間が経過してしまったら、
声が変わってもしゃあないよね、って思えるし。
別に「前日」のお話だから、
声も似ていればまぁ、いいか、と許せるんでしょうが。

シャアの声は池田氏、ってインプットが強烈だもんね。
ルパンみたいに、「ものまね」さんがいつの間にか「声優」
ってのも、猛烈に違和感あるしなぁ。。。

だから、士官学校時代のシャアの声が池田氏、
ってだけで、うへー!なんですよね。
そして、さすがにプロ。やはり「若い」声、してますよね。

あ〜あ、あの大ハズレ大河のナレーションさえなけりゃ、ね。
(いや、ナレーションは上手いなぁ、と思ったけれど、
そもそもの作品があれじゃ、ね。)

で。当然ながらその他の声優さん達は・・・と思うと、
ギレン閣下!閣下も同じ銀河氏でしたかぁぁぁぁ!
そうそう、大衆を煽る、冷徹なIQ200の男の声も、
やっぱり「昔話」であったとしても、銀河氏の声でなくっちゃね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。作品そのもの、ですが。
ま、有料で見るには至っていない小市民なので、
今のところ「第3話」までしか見ていませんが。
(だって、1年待ったらタダで見られる、って思うと、ね。)

ファーストの人物、特にジオン側の人物の構図を
上手に整理したなぁ、というのが最初の印象。

それと同時に、作画技術の飛躍的な向上。
ちょっと動画も早すぎて追いかけられなかったり?
特に、チラチラでてくる、ルウム戦役のシーン。
そりゃ、最初の時は全部手描きだったろうから、
並んでるサラミスも個々に微妙に違ったり・・・
ま、それは愛嬌でしょうが。

今やそういうのはCGを使って自在に動かせる、と。
なので、言い方はちょっと違う気がしますが、
とにかく「綺麗」。
戦艦のブリッジの描写も、ディスプレイの表示も、
全部CG処理を使えるからだろう、ね。

あたかも、ユニコーンで見た画像を
そのままUC0060〜70に移植した、ってほどの
綺麗さ。そして、動きのなめらかさ。

むしろ、綺麗すぎて・・・とすら思えたり、ね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人物関係で一番オモロいな、というか、
ほー、と思ったのが、
ランバ・ラルとクラウレ・ハモンの繋がり。
ファーストの中では、
なんでハモンが、あんなずんぐり系のオッサンに?
と、中坊ながらに「?」だったのですが。

なーるほど、ね。
ジオンの政変の前後から「そういうお付き合い」でしたか。
しかも、ハモンの気っぷの良さがまたたまらなく良いねぇ、って感じで!

それから、ドズルの性格描写も
なるほどね、ジオンだって、こういう「ウマしか」が頭に付くような
暑苦しい?実直な将校がいても当たり前だよねぇ、って、
後々の・ファーストの中での人望も、ふと垣間見えたり。

でも・・・え?ドズル中将?もしかして教え子に手を出して、
それが行く末には「ミネバ」になるのかっ?
そういう「伏線」キライじゃないですよ〜。

ちょっと違和感が拭えなかったのが、キシリアさん、かな。
やはりCVとしては熱演なんだけど、ちょっとキツすぎるかな。
まぁ、最初から冷徹な女性、ってことだったんだろうけれど。

そういや、ファーストの「遊んであげたことがあるんだよ」の「答え」が、
第1話のあのシーン?という解釈。
こじつけ?っぽい気もするけれど、性格設定をああいう風にすれば
あれが「お遊び」って言うキシリアも、後々を考えてなるほどなー、と。

しかも、「最初から」兄妹間の仲は悪かったのね。
そこを、ドズルとガルマが埋めてたのか。。。。ふーん。

ガルマもまた、えらく「お坊ちゃま」って描かれてたですねぇ。
もう少し毅然とした設定でもよかったかも、とは思うけれど。
ホントに「人の良いお坊ちゃま」だったからこそ、
シャアのファーストでの台詞
「君は良いやつだったが君のお父様がいけなかったのだよ。」とか、
「せめてもの手向けだ。地獄で姉上と仲良く暮らすが良い。」ってな
そんなのにつながるんだろね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから。
すでに外伝等で設定されていたようですが。
キャスバルがなぜ「マス」じゃなく「シャア・アズナブル」になったのか、
っていう、お名前のお話。
これもきちんと説明されてて、ふーん、って感じでしたね。
ま、そのあたりがこのシリーズの「核」なのでしょうが。

でも、案の定「シャアの本性」を知っている「旧友」が出てきて、
でも、ちゃんと「話の整合性」は持たせるフラグを立てて、
最後は、きっちり、お約束で・・・

そういう冷徹さもいいんだけど。
本性を知ってる・・・
もう少し広い範囲でばれててもおかしくない気もしたが・・・

ま、そんなあたりはいいんだろね。

そうそう。
上手く話をつなげたもんだ、っていうのが、
第3話の「暁の蜂起」。

これが伏線となって、1年戦争になる・・・ってことは、
シャアはそこまで見通して、ガルマをたきつけて
この作戦を立案、実行した、ってことですよねぇ。
うーん。すでに策士として完成してた?

こういうエピソードも、なかなかヲツなもん、ですな。
ただ、現実に「士官学校生徒」が「常軍」相手に
こういうこと、出来るもんだろうかねぇ・・・
世界史的にもあるんだろか?そういった事例が?

それとも。
「その後のシャア」のすごさを知ってるから、
この話も納得できるのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この作品。
そんなこんなで、
ジオン側・シャアの目線からのお話、ってことですが。
ちょっと「無理強い?鼻についた?」のが、
連邦側の絡みの伏線?でしたかね。

シャアとセイラが襲撃された後、お見舞いに来た
「ヤシマ」さん。

舞台設定じゃ、
世界的な大企業「ヤシマ重工業」の総帥?会長?のヤシマさんと、
そのお嬢さんの「ミライ」さん、がお見舞いに来る・・・

ちょっと、そこまではやらなくっても、ってねぇ。
聡明なミライさんなら、
サイド7で出会った時に
「あぁ、あの時のセイラさん?」ってことにならないのかなぁ。

それに、あの感じじゃ、ヤシマ重工業って、
連邦だけじゃなく、ジオンの側にも通じていた、
って感じがしたのですが。
どうなんだろ?第4話以後で整理されてるのかな。

それと、もっと無理強い?だったのが、
アムロ・レイが時々顔を出してくること。
ちょいと、そこまで媚びなくても・・・
とは思った次第。

でも、アムロも、オリジナルのまんま、
古谷氏が声あててるんですよね。
しかも、13歳のアムロの声!
もう「神技」なレベル、としか?!
正直、無理矢理作ってる?って感じもしなくはないですが、
でも違う人が声を宛てる、となると、それもちょっとなぁ・・・ですもんね。

いや、声は神技ですが・・・
本作での登場のさせ方、絡ませ方、がちょっと無理強いしてる感じも。

だって、これを最後まで見てまとめたら
「実はシャアとアムロは時々すれ違っていた、同じ空間にいた。」
ってお話だろうし。

ミライさんと、アムロと、は、やっぱりファーストが始まった時に
初めて全員が会合して、あの話が動き出して・・・
ってのがいいなー、って思うんっすよね。

いや、それとも、第4話になったら、そういう話に
繋げるようになってるのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。この、ジ・オリジン。
トータルで、原作もそうだけど、アニメも十分オモロイ、
良く出来た作品だなぁ・・・と思ってたら。

案の定、ルウム戦役のお話も作る、とのこと。
確かにね。ここまでファーストの中の台詞を取り出すんだったら、
ルウム戦役のお話も整理しときたいだろうし。してほしいし。

でも。ルウム戦役のお話の中で、
レビル将軍の偉大さも出るんだろうけれど。
マチルダさんも出てくるのかなぁ。

それから?スピンオフのスピンオフ?
いかにして「キャスバル」が「シャア」になったのか?
を完結させるのかな?
シャアの誕生にまつわる話も来年公開される、とのこと。

ま、さすがにこの出来を思うと、
4本で終わるのもモッタイナイか、と。

そして。
う〜ん。声優の皆さん。
せめてその時まで、お達者でいていただきたいもの。

やっぱりこれほどまでに思い入れのある作品だと、
声が変わっちゃうとねぇ・・・

ともあれ。
第4話、そしてさらなるスピンオフ(?)が2本。
まだまだファースト、楽しめそうです。

にしても。
新作の・オリジナル、
いや、せめてオリジナルっぽいSFアニメーション・・・
なかなか出ないなぁ。
やっぱ、枯渇しちゃった・・・かな。
うーむ。






PG 1/60 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザク2[バンダイ]
ホビーリンク・ジャパン
数量制限各商品に最大注文受付数を設定しております。ご協力をお願い致します。発売日1999-07-23

楽天市場 by PG 1/60 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザク2[バンダイ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジ・オリジン−事の起こりのお話 uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる