uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年・チョコレート星人の日

<<   作成日時 : 2017/02/20 13:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

暦の上じゃ今日は2月の20日、
つまり、来週はもう3月だ、ってのに、
ますます寒暖差が激しくなってきた、
と思ってしまう、けど事実そうじゃん?
な今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例によって。
最高気温が15℃の2日後には6℃〜7℃に下がったか、
と思うと、再び17℃?の予報が、そして実際そうなった
翌日に、今度は吹きも振るわ、6℃〜7℃あたりに落ちるわ、
そらもう、インフルに風邪、なんでもいいから
とっとと羅漢して、とっとと自己免疫作る、
ってのが実は一番手っ取り早く安心出来るっ!
・・・のかしら、ねぇ。

さて、そんな三寒四温どころじゃない
今年の2月。
再び今年もやってまいりました!
チョコレートの日っ!

ヴァレンタイン。
実は数年前に、ハロウィーンに「抜かれた」んだってねぇ。
そう、経済効果、ってやつ?

確かにここ数年のハロウィーンの盛り上がり、って
なんかある種・一種異様な感じにも見えるんですが。

なんでだろね?
何がきっかけだったんだか?
ライナスの「カボチャ大王」の話が
引き金引いたわけじゃ無いだろうし。

なんか、こう、ね。
唐突にニッポンでブームになった、というか、
だれかが?仕掛けたブームみたいになってる、
っていのが、これまた違和感満載なんですが・・・

だって、ね。
ハロウィーンもそれなりに「西洋文化・宗教」
が絡むイベントじゃなかったっけ?

だからそう遠くないうちに・・・・
クリスチャンでも何でも無い、浄土真宗の信徒さんでも
12月25日にクリスマスケーキを買って
家でパーティーする・・・
そんな感じでハロウィーンも・・・
ってことなんだろうけれど。

これ、そもそも誰が、なんで、どうやって仕掛けたんだろなぁ。
(そんな、へそ曲がりな所にばかり興味が行くワタクシ・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういや、ハロウィーンには
「カボチャ」という、立派な「いわれのある」食べ物
があるはずなのに。
(なんで「いわれ」なのかは知りませんが。)
どうにも、フード方面?スイーツ方面での盛り上がりには
欠ける、って感じもするんですが・・・
定番、ってのがないですよね?

うーん、なんでしょ?

もひとつ「そういえば」なんですが。

ヴァレンタインデイに関わる
チョコレート業界の大成功にならって、
んじゃ、わしらも、ってことで
3月14日はホワイトデー、即ち
男子が女子にプレゼントのお返しをする日・・・

ってことで、確か、マシュマロを送る、みたいなことを
いつの間にか、誰かが勝手に決めて、
勝手に盛り上げようとしたけれど・・・

どっか行っちゃいましたねぇ・・・

確かに「なんで?」マシュマロ、とは思うのですが。
いや、単にお菓子屋さんがマシュマロを売ろう、とした・・・
そこは判るんですがね。

例えば、その日は羊羹じゃあかんかったんかな?
はたまた、サブレとか。饅頭とか。

それこそ80’sの頭の固い・古い、
当時オッサン=今老害、って人々は
「おんなのこ は 甘いものが大好きだろうから。」
って勝手に上から目線で決めつけて
スイーツで商売しようとしたんだろうけれど・・・

案外?一時のはブームだったか?
最近、「ホワイトデー」って単語自体が消えてるような来も。
そして、そこに変わって出てきたのが「ハロウィーン」
なのかも、ね。
「白い日」だからマシュマロ?だったら、安易だわなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対して・元祖「お菓子屋さんイベント」の
ヴァレンタイン。
これ、今や平賀源内の「土用の丑」と同等・同格の
キャンペーン大成功例、となったのではなかろうか?

聖ヴァレンタインにちなんで・・・とかなんとか、
その言われはたしかにあったはずだけど。

チョコレート星人なワタクシとしちゃ、
やっぱり・物心ついたその日から
2月14日はチョコレートの日、なんですよね。

で。
数年前の備忘録にも書いたような気もしますが。

ち よ こ れ ー と !!

俺、ホント、大好きなんですよね。子供の頃から。
なので、歯並びがいまいち悪いのも相まって、
子供の頃から歯医者さんにはお世話になりっぱなし・・・
って説もありますが。

日頃はコンビニで、ジャパニーズなチョコを買って、
脳みそのエネルギー代わりに、って名目?お題目で
毎日3粒ずつ食べてたりしますが。

この時期だけ。特別に、
世界中から色んなチョコがそろってみられる、
財布さえ暖かければ、いくつか食べられる!
ってなもんです。

この「お商売」も、随分と様変わりしましたよねぇ。
多分、最初は80年代のバブルのころ、かな?

当時は(今でも?)
女子がデパートの特設会場で日々買い求める、
買いまくる、と。

でも、あまりにも沢山買わなきゃダメ、ってこととか。
配る相手が沢山いすぎる、とか。

「本当は愛し合う二人のための特別な日」(ホントなの?)
ってことを名目に男子どもは勝手に勘違いして
「あの娘からチョコもらった!やった!俺!」って喜んでみたり。

そんなこんなで、当時はありましたよねぇ
「義理」チョコっての。

今でもあるのかなぁ?
包装用紙にでっかく、太ゴシックでドカンと
「義理」
って書いてあるだけのチョコ、って?

それから不二家だっけ?
「ハートチョコレート」。
これ、実は名作?コスパ抜群?食べ応えも抜群?
な名作チョコ、って思ってたんですが・・・
そういや、ハートチョコ、最近見なくなったなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、とにかくその頃は
義理だの、本命だの、家族用だの、同僚用だの、
最初から包み紙にそれを印刷してる商品もあったり、とかね。

でもそういうゆるーい雰囲気があった、って記憶が。

その後、バブルもはじけて、
さらには景気も多少上下しつつ、
いろいろ「ブーム」もありましたよねぇ。

マイチョコ、なんてのも合ったと思うけど。
でも、実は俺、
今でも恥ずかしながら「マイチョコ」ゲットしています。

そりゃ、チョコレート星人にとって、
年に一度の、めずらしー、おいしーチョコを
よりどりみどり(でも応¥相談だけど)、なんですもんね。

80年代〜90年代前半なんて頃。
俺は勤務先の特許事務所で一番若い男子だったから、
一番若い女子と組まされて
平日の昼間「気分転換に、デパート行ってこい!」
ってな感じで、「職場用・義理チョコ」の買い出しの
荷物持ち、って経験もありましたが。

その時の方が今よか断然「だだ混み」(平日昼なのに)だたよなぁ・・・
ま、賑わうのは今も昔も一緒なんだろうけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから月日は流れて。
なんてのかなー・・・
やっぱり時代に即して、時代が進むにつれて、
それなりに洗練されてきた、って感じがしますねぇ。

そら、考えてみたら今やネット社会。
その気になれば、外国産の美味なるチョコも
買えるのかなぁ。
少なくとも情報は満載だろうから・・・

だから、ある意味90〜00年代には「ありがたみ」があった
「そのシーズン・催し物期間中だけ」の特注品、ってのが
あった気がしますが。

今やそういう情報もその気になればすぐ知れ渡るんだもんね。
それにどこのデパートも「出店数」を競うようになって、
「あ?!珍しい!名前は知ってたけれど、日本にショップはないしー!」
ってな(売り文句の)お店のチョコ・・・なんだけど、
実は同じ都市圏の違う系列のデパートで取り扱ってて。

だから、「オマケ」で系列ごとに区別化を図ってる、
ってショップも結構あるみたいですもんね。

つまり・・・要するに・・・
せっかくのイベントなんだから。

その期間だけ
「本国から超一流・ショコラティエを呼びました。
これ、当店だけの特別なチョコです。」
みたいな企画がもっとあればいいのに・・・

と思いながらも、
例えばチョコの¥と、ショコラティエのギャラと・・・を諸々考えたら、
結局は同じような商品がどこに行っても存在する、
ってな展開になっちゃうんでしょうね。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういや。
これは00年代中頃だっけ?
「マイ・チョコ」が流行ったの。

最初聞いた時は「ついに俺みたいなチョコレート星人も
自分で買えるシチュエーションが出来たのかぁ!」
って感動したのですが。

よく聞けば。

女子が「男子にこんな美味しいチョコ?
フンッ!そんなん、もったいない。
自分のご褒美で自分用に買いますわ!」
的な意味だったのだ、とか・・・

だから、最初はそうとは知らずに
「マイチョコだっ!」ってことで
特設会場が出来たばかりの時期に
一人、オッサンが、「これください」って買い求めに行ってたんですが・・・

ちょっと勘違いしてた?
道理で、周りの空気が何やらひんやりとしてた、
ってわけだわさ・・・

* けど、結局、その後今に至るまで毎年マイチョコ買ってたり。ほほほ。
(でも、ブランドは一緒なんですよねぇ。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、もっとリアルには・・・
毎年、カミさんが「おおおっ!」
みたいなの探して買ってくれるんっすよね。
これはホントにありがたい。嬉しいっ!

毎年、よくこんな美味しい・珍しいの探してくるなー、知ってるなー、
って思うのですが。

今年はデパートでの会期中、
トラさんチーム親会社系デパートの近くに行くことがあったので
「トラさんチーム」特製のチョコをば、おねだりしました。

そういう「限定品」は楽しいし、面白い。

そしてまさしく「限定商品」だかんねー。
・・・でも、マジで美味しかったっす。カミさんにはただただ感謝を。
・・・美味しかったんだから、今年、糸井クン、がんばってよー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから。最近のチョコ、と言えば。
ファッションのメガブランドが出す、
一粒2000円もしそうなヤツ。

これ、バブルの名残か、と思ってたんですけど。
だから、数年で無くなる、って思ってたけれど。
今でも続いていますよねぇ。

アルマーニあたりはなんとなく許せるのですが。
ブルガリとなると・・・中身はどうなんでしょ?
デザイン的にはブルガリロゴを入れてあるし、
「まぁ、ブルガリ屋さんのチョコなのね。道理でお高いわ。」
って思いますが・・・

お味、どうなんだろな?

中身が世界最高峰のショコラティエが手がけてる、ってなら
半分は判るけれど・・・

それから。今年感動した?のは。
モロゾフとフォルクスワーゲンのコラボレーションチョコ。
聞けばここ数年続いてますよー、みたいなことらしいですが・・・

知らんかったぞ・・・

なので、思わずカミさんに「こっちもほしー」
っておねだりしてしまった・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、あとは名人・匠なショコラティエのチョコが
随分と増えてきたのかなぁ、って感じ、ですかね。

こういうのはまさに今の情報化社会のなせる技?
興味があったら、その名前をググれば
どういうショコラティエなのか、どこまで「美味い」のか、
ってのがすぐ判るもんね。

そういう人の「一粒」は、やっぱある程度高くなっても
しゃあないのかな、とは思うのですが。

けど、そこで改めて・再び、ですが。

そんな特別なはずの人の商品が
どこのデパートでもショップを出している・・・
それがちょいと、幻滅ですかね。

そんなにものごつい人なら
「当店限定ですよー!」ってやりゃいいのに。

なので、最近はどこのデパートでも
ほぼ同じような名前が並ぶ・・・
なんてことになってきた気がしますね。

そうなると、イセタンさんなんかは
「うちはヨソと違いますのよ。」ってやりそうだけど・・・

どうなんだろな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちうことで。
今年のチョコレートの日・・・はもう過ぎてしまいましたが。
やっぱ、日本のヤツと西欧のやつとアメリカのやつと。
食べればなぜかアジが違う、ってのはおもろいなー、
と思いつつ・・・

今週末、歯医者さんか・・・
ちゃんと歯磨きしてるのに・・・

うへー。

笛吹きは歯が命。随分古い詰め歯が痛んだようで・・・
チョコ、美味しいのに・・・
うへー。

ちゃんと直して、来月の笛の発表会じゃ
すっきり吹けるようにしとかなきゃ。

でも、チョコレート・・・やっぱ、止められん。。。

ウマー(o゜∀゜o)・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2017年・チョコレート星人の日 uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる