uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬期オリンピック/アスリート・ファースト?

<<   作成日時 : 2018/02/26 14:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

始まる直前までホントに大丈夫なの?
と日々心配が増えていって、
いざ始まると「やっぱり・・・」なシーンやニュースが相次いだものの、
実際の競技の中継がじわじわ広まっていくと
やがて、やっぱり本道はそっちよね、
ってことで、気がつけばあっという間に
オリンピックが終わったばかりの今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、マジ、出来るんすか?とか。
IOCは政治から距離を置くのを
信条としてるんじゃ?
って思いつつも。

やっぱり、スポーツ、って国境を越える、
感動は人を結びつける、って
使い古された言い回しでしたが、
今大会は改めてその言葉、認識しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちうことで。
今日は気がついたら始まって、
盛り上がった所で突然おわってしまって
なんだか残念?もう少しみたいよー、
って思った、平昌大会の備忘、です。

競技のこととかは色々言われてるし、
全部、グータラなオッサンの素人目の話になるので
それは後回しにして。

競技以外に、というか、
競技以前に、
今回これほど「運営」が心配になった大会、
ってないですよねー。

ちうか、これ、全部、東京大会に繋がる問題か、と。

それこそさんざん言われましたが。
競技時間の異常さ。

フィギュアはアメリカの時差に合わせて午前スタート。
ノルディックはヨーロッパの時差に合わせて夜、というか
真夜中にスタート。

フィギュアはまだインドアだし午前だからよかったんだろうけれど。
(メインはお昼過ぎになるし。)
ジャンプなんか、あれ、ちょっとまじどうよ?って。

風力発電の風車が猛烈に回っているその横でジャンプ台?
紗良ちゃん、風で飛ばされたらどないしてくれるねん?
って余計な心配まで。

そして、ゲームスタートが「現地時間」の21:00過ぎ?
終わってみたら日にち越え?
フラワーセレモニーやってるときはだーれもいなかった?

いっくらなんでも、それはちょっと酷すぎやしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アスリート・ファースト?
それより、欧米マネーファーストだったんじゃ、ね?

そりゃ、確かに最大の収入源の顔色をうかがうのは
大切かも知らんですが。

この冬の大会にしても、
欧米では軒並み「開催地になったら財政が巨大赤字に陥る」だの
「環境破壊だしよそでやってくれ」だの。
要するに「自分の所ではやってほしくないけれど、
オリンピックは自宅でくつろいでみたい」って話っしょ?

そういうれんちゅー、いや、人々におもねって、
肝心の選手が蔑ろにされて・・・ね?

そんなにゲームを楽しみたい、なら
我が儘言わずに、自分の街でやればええやん?
でもって、自分の街の都合に合わせて
ゲームの時間を設定すりゃええやん?

自分の街でやるのがいやなら、開催「してくれる」街の状況に合わせて
ゲームをすりゃええやん?
そしたら、選手もベストコンディションでゲームができるし、
そうしたら「世界最高峰のゲーム」を見る事が出来るわけで。

ライブでなきゃだめ?それもまた猛烈な我が儘やん?
自分の街でやるな、でも見たい、ってなら、
ビデオ、ってやつであとで見りゃええでしょうが。
ライブでみたいなら、その街に行けばええっしょ?

オマケに、今や発達しまくった「いんたーねっと」ってやつで
ライブで見たいやつぁライブでみたらええし、
TVでしっかりみたいなら、録画、ってことでガマンすりゃええやん?

欧米での大会じゃ、こっちがガマンしてるんだからさー。

え?お金?
それを言うなら、アジア圏の人口って、どうよ?
そっちよりも、やっぱりお金、なのかな?・・・なんだろうねぇ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、挙げ句選手はベストにはほど遠い、しかも静まりかえった
空席の目立つ「競技場」でのゲーム。

ホント、静かだったですよねぇ。

アルペンなんか(さすがにこれはナイトゲームにはできなかったが)、
スキーヤーが滑り降りていくポジションごとに、
ノルウェー?スイス?の応援団のかきならす「カウベル」とか。

真っ青な青空から飛び出してくるジャンパーを迎える
大声援とか。

スピードスケートだって、インドアなのに
ゲームスタート時間がえらく遅くなって、
アリーナを包む「おおおおおおっっっ!!!!」って大歓声も
あまりなかったような・・・

いや、さすがに地元・韓国選手の出たレースはすごいなー、って思ったですが。

とにかく、「絵」が「黒」で、「音」が「静か」だった、ってのが
なんだか「オリンピックを見ている」感じには
なかなかならなくって・・・

それも感動の一要素だと思うのですがねぇ。。。

まだ長野大会の頃はそこまでTVに振り回されなかった、ってことかな。
でも開会式は確かヨーロッパ向けに時間調整がされて
昼間の開会だったけれど。
確か、浅利慶太/小澤征爾のインタビューだったか・・・

確かに夜の方がいろんな演出ができそうだけど、
昼間で満席のスタンドが見える状態での開会式、
というのもまた演出のしがいがある、とかなんとか。

そう、そういう熱気がダイレクトに見える、ってのも
こういう世界最高峰のゲームに
必要不可欠な要素なんじゃあるまいか・・・

オリンピックじゃないけれど。
F−1も¥が高騰しまくって、
スズカも満席にならなくなったもんねぇ。
だから、なんだか一抹のさみしさを感じたり・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、それでも。
やっぱり週末とか、ダラダラでもTVつけて眺めてたら、
やっぱりスポーツっていいなぁ、って感動しましたねぇ。

女子500mスピードスケートの
あのラストシーンとか。

一瞬、負けちゃって・しかも日本人に負けちゃって、
彼女、国賊扱いされないのかな?
って心配したけれど。
やっぱりああやって、お互いリスペクトしあって、
終わったらお互いをたたえ合って・・・
(でも、別の競技で「魔女狩り」やってましたね。
自国オリンピアンに地元のリンクで国旗を前に土下座を強要する国、って・・・)

とにかく。
お互いがリスペクトしあう、理解しあおう、
そういう輪が広がればいいな、って
素直に思いましたよねぇ。

でもそれはあくまでもスポーツ主導であって。
政治家が介入して、選手の努力をスポイルしたり
無視したりして強引にお見合いさせる・・・
そんなもんじゃ、決して無かろう、と。

あの行為は、とある国の「ラグビー協会会長」が
「ウチの国は優勝カップをいだくのは永遠に無理だからね」
って「招致活動」のまっただ中で叫んだ、
あのドアホさと並ぶくらいの惨さじゃなかったか、と。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カーリングだって。
多分、主催国ってことでめちゃ力を入れて強化したんだろうけれど。

予選で日本が勝って、トーナメントで負けちゃって。
でもゲーム後のインタビューでは「ただ単純に負けがクヤシイ」
ってのが、またかっこよかったのよのぉ。

他方、「相手が日本だと意識してしまって・・・」とか
「二度とここでは負けられない」ってプレッシャーを感じたチーム。
でも「そういう空気感」の中で、しかもあそこまでの神経戦を繰り広げて
最後の最後に勝つ、そのメンタリティは、
やはり政治がどうであれ、単純にスポーツとしての感動を覚えたのですが・・・
(あれでファイナルに行けなかったら
どんな目に遭わされてたんだろう?他国のことなのに、なぜか心配だった。)

かの国の人々は、この大会、どうだったのかなぁ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カーリングと言えば。男子だって実は結構興味あったのですが。
だって、同じ競技のはずなのに、迫力が全然違うもんね。
そして、なにより(さんざん映像出てましたが)
長野大会での、あの米国戦のあのラストショット。
あの長野大会のスキッパーを最前列でかぶりつきで見ていた
男の「子」兄弟が、5大会後に出場して、
しかも解説が長野大会のスキッパー。

予選で負けちゃったけれど、その後の落ち込んで泣いているショット、
気丈にインタビューに答える選手・・・
そんな図式を見たら、やっぱりスポーツ、残酷な一面もあるのだな、
と改めて感じてしまいましたね。

でもま、時代は流れる。
そういうシーンをみて、次が育てばいいんだもんね!
そこにも、全然関係者でもなんでも無いのに、
すごく感慨覚えたり。

ともあれ、カーリング。
女子銅メダル。ぜひ、あのカーリングおじさんに絶叫・号泣してほしかったなぁ。
(確か?前回大会の後、ガンでお亡くなりになったのだ、とか?)
それだけが残念。でもきっと空の上で未だに号泣してらっしゃるでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬の大会と言えば、アルペン、ノルディック、そしてスケート、ですよね。
羽生選手、なにげに「ドラマ」を完結させるのかなぁ、って思ってましたが。
ホントにこれ以上はない「熱血ドラマ」でしたよね。

あの表情からは全然想像もつかない熱血な展開。
彼ならホントにスカッドアクセル、やっちゃいそう。
しかもまだ23歳?なら4年後は・・・

と思いつつも。
前回から今回までの4年間で、男女ともにものすごく別世界なレベルの
競技になっちゃいましたねぇ。
そこはそれ、猛烈に驚くしか。

ただ、女子はやっぱり「アダルト」な(嫌らしい意味じゃなく)雰囲気の
スケーティングも見てみたいけれど。

フィギュアの永遠の命題なんでしょうね。
芸術なのかスポーツなのか。
昔、伊藤みどりが「これはスポーツ」という答を出したけれど、
あれからもう20年。再び芸術とスポーツと、を考える時期に
さしかかったのかもね。

ハイテクに挑戦して大けがして人生棒に振って・・・
なんてことのないように。ただただ祈るだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから。
逆なイメージ?ですが。
今回、NHLがボイコットした、ってこともあったんでしょうが。
それこそ「気がつけば」アイスホッケーって
どうなってたの?と。
実は結構好きだったりするんですが・・・
BSでこっそり中継してた程度だったみたいですね・・・うーむ。

女子は「スマイルジャパン」の話題に、
「コリア」の話題(これは本当に可哀想。他国のこととはいえ、
4年に1度、母国開催、って張り切ってた選手を思うと、酷すぎるなぁ、って。)
とかがあったので、ニュースにもなってたし
映像も見ましたが。

男子はぜーんぜん、ニュースにも記事にも
殆ど目立たず終わってたような気が。

これがオリンピックに出る・出ない、の大きな差、なのかな。
ボブスレーとリュージュにしても、
長野の設備も事実上閉鎖される、っていうし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何かの記事で見たけれど。
冬の競技は夏以上にお金がかかるのに、
マイナーだからスポンサーもいない、という悪循環。
なのに4年に1度、「結果を出せ!」って騒ぐ
大手スポーツメディア・・・

求めらた結果を出せるアスリートはもの凄いなぁ、
って思いますが。
そもそも、代表になるだけでもすごいことなんだろうし。

今やグータラな俺としちゃ
ただただ見るだけしか出来ませんが。

もう少し、こう、ね。
そういう所に余裕ってか、気持ちってか、
お金とかモノとか、が向かえば、
この国ももう少し余裕が出た社会になるのかなぁ・・・

なんてガラにも無いこと考えた、
この2週間、なんではありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで。
最初のリフレイン。
2年後。トーキョー。
IOCの「命令」とはいえ、7月下旬〜お盆のころ、までの大会?
そりゃ、冬は寒けりゃ「着まくれば」いいだろうけれど。
夏。トーキョー。サモアの彼みたいに
ココナツオイル塗って裸でゲームする、なんてわけにはいかんだろうし。
特にマラソン。

マジ、午前4時スタートにでもしなきゃ、
命が危ないんじゃなかろうか。

時差、時期、スポンサー、お金、視聴者・・・
このムーブメントは今、再び曲がり角なんだろうけれど。
なんとか知恵を集めて上手い解決策があればいいなー、
そんなことも、大会を終えてついつい思いました。

2020年かー。
まずは、どんな開会式やるのかなー。
リオの予告編を受けて、だとおもろそう。
楽しみー。






ブラジル 2016年 リオ2016オリンピック競技大会公式記念コイン 第4貨 1レアルバイメタル貨4種揃い 未使用
泰星コイン株式会社
<在庫状況について>商品は他店舗での販売も並行して行っているため、ご注文をいただいた時点で売り切れと

楽天市場 by ブラジル 2016年 リオ2016オリンピック競技大会公式記念コイン 第4貨 1レアルバイメタル貨4種揃い 未使用 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブラジル 2015年 リオ2016オリンピック競技大会公式記念コイン 第3貨 1レアルバイメタル貨4種揃い
泰星コイン株式会社
<在庫状況について>商品は他店舗での販売も並行して行っているため、ご注文をいただいた時点で売り切れと

楽天市場 by ブラジル 2015年 リオ2016オリンピック競技大会公式記念コイン 第3貨 1レアルバイメタル貨4種揃い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬期オリンピック/アスリート・ファースト? uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる