uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS 平昌・パラリンピック大会

<<   作成日時 : 2018/03/19 14:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年2018年は
なんだか時の流れが速い感じがすると同時に、
天気がもうハチャメチャ?
雪は降るところでは思いきり降ったのに、
こちらでは雪どころか雨もそんな降った記憶もなく、
でも他方、「明日の最高気温は今日と比べて
マイナス12℃ほどになりま〜す」と
お天気のお姉さんがにこやかに言う画面を見ながら
「そんなに・にこやかな話かいっ?」
と突っ込みたくなる、異常気象な今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天気、てんき、お天気。
毎年・毎回、「おかしく、ね?」と思いつつ、
実は20年ほど後になって「2020年」を振り返ってみれば
あの時、すでに異常気象というか、
気象変動の兆候が出てたんですね、
ってことになるんだろうかなぁ。

雪だって、降るところじゃ大豪雪になったみたいやし。
北海道は、ドンドン人が減って・都心部に集約し始めて、
周辺地域・北部方面から徐々に衰退してる、
ってそんな話を聞くと、この先の我が国、って
一体どうなっちゃうの?って思わざるを得ませんが。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんな、は殆ど「日本海で低気圧が〜」ってのが
理由っぽいけれど。

そんな中、先日のオリンピックにつづいて
行われたパラリンピック、無事に終了しましたねぇ。
ホント、色んな意味でオリンピック同様無事に終わって
まずはなにより。

そして対岸の火事っぽく見ていたトーキョー大会も、
まだまだ「大丈夫なの?」って事案が多発しそうな予感も。

せめて、我が国・しかもトーキューでの解砕。
今までのような準備がどうとか、「お・も・て・な・し」の約束は
どこ言ったー?だの、
そんな恥かくようなことにはなりませんように。

さて、そんなこんなで終わってしまったパラリンピック。
実は横目でチラチラ見てたのですが、
今回はなぜか特に印象深いストーリーやゲームがあって、
なかなか印象に残りました。

ちうことで。
今日は終わったばかりのパラリンピックの備忘録、っす!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パラリンピック。
なんでも事の起こりは1964年の東京大会だったのだ、とか。

あれから随分時間もたって。
いわゆるハンディキャップパーソン、って言うのかな?
今はもうそう言わないか?
ともあれ、どんな人でもスポーツを楽しむ、競技する、
ていう風にしていこう、っていう流れが
どんどん加速してるんでしょうね。

夏の大会ではしばらく前から「へぇ〜!?」って
見てましたが。
ある意味、オリンピック以上に、ただ単純にすげー!って思ったり
してましたが。

冬の大会も、前回・ソチ大会以上に
なんとなく?TVで目にする機会も増えて
興味も持つようになりました。

そもそも、今、英語じゃどういうんだろう?
健常者と障害者。
子どもの頃は全然なにもひっかからなかったけれど。
今は「障害者」ってわざわざ言わなきゃ
いけないのかな?・・・

パラリンピアンの活躍を見て、
ついついそう思ったりも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういや、なんちゃらポルノ、って
去年、かな?
随分クローズアップされましたよね。

単純に「感動をくれぇぇぇぇぇぇ!」みたいな感じで
盛り上げようとするチャリティ番組と、
それを批判する番組と、で
論争ありましたよね?

あのチャリティ番組、って
最初はあそこまで障害者(って書いちゃいます、スミマセン)を
取り上げてはいなかったような。

でも、今回のパラリンピックをみて、
「諸々あって視力が弱いんですが、それがナニか?」とか。
「チェアスキーで滑ってますが、それがナニか?」とか。
まるで画面の中のパラリンピアンは
みんな「それが普通」って顔つきで
さらりとゲームに臨んでいる。

思い通りに行けば満面の笑顔、
そうじゃなかったら悔しさ一杯の表情。

別にそれ、オリンピックでも一緒でしょ?
だからもう、特別視なんてしなくっていいんだろうな。

まぁ、物理的にオリンピックとパラリンピックを
同時に開催する、ってのはムリらしいけれど。

先にパラリンピックをやる、ってどうなんだろね?

一度オリンピック用に準備しした施設を
パラリンピック用に作り替えて(例えば階段をスロープにする、とか)
それからパラリンピックを!ってことらしいですが。

だったら、最初から完全バリアフリーで設計しとけば・・・
ってな具合には行かないんだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。

今回の平昌大会。

メダル数はソチ大会を上回り、当初目標を上回った、
ということだそうですが。
他方、競技者の固定化・高齢化が問題では?
という指摘もあるそうですね。

確かに、レジェンド葛西は8大会連続、って言ってるけれど。
そこまでじゃないにしても、4大会連続って人がそこそこいたり、
アイスホッケーみたいな、超フィジカルなゲームでも
チーム平均年齢が凄く高かった、とか?

うーん。
タダでさえも冬のスポーツにはお金がめちゃかかって、
使える施設・場所もすごく制限がある、って言うから。
それがパラリンピアン用となると、もっとハードルが上がって
お金もかかるし・・・

だから、なかなか夏のようには競技人口が増えないのかな。

それこそ、そういう部分へスポンサードする大手企業さん、
ってないのかな?

イメージアップに利用するだけ?って批判があっても、
やっぱり先立つものがなけりゃ・・・なことはないんだろうか?

いっそ、社会問題を起こした大企業には
強制的にスポンサード資金を出させる、とか?
ううむ。そんな簡単なもんじゃないだろうけれど、
夏の競技以上に、冬の競技だって、
もっと色んなレベルで支援できる、
そんな日本の社会になれば、きっと良いことが起こるんだろな。

今回みた競技で一番びっくりしたのは
アルペンスキー。
視覚障害者が、ガイドに連れられて
アルペン競技をする!

マラソンとかでは、ガイドが一緒に走って・・・
っての見たことありますし、
スキーだって、距離競技はガイドが一緒に走って、
ってのも見ましたが。

あれは、「ああいう風に」進んでいくから
成立する競技だ、って思ってたけれど。

アルペン競技!
回転から滑降まで(でしたよね?ありましたよね?)、
全部ガイド付きで滑ることができるなんて!

ただただ、見てるだけで単純に
「おおおおおお?????」でしたね。

そして、ガイドが一緒に滑るから、
滑り終えるまで客席には
「Be Quiet」のサインが!
なるほどー、確かにそうだわな。

ホント、これにはビックリしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬のオリンピック、って、夏の大会に比べてこぢんまりしてて、
その分アットホーム感がある、って聞きますが。

冬のパラリンピック、ってもっとそれ以上に
アットホームな感じがしましたね。

夏の大会、特に民放の手にかかると、
どんな選手も「お涙頂戴」の、なんちゃらポルノに仕立てられますが。

この大会。
例えば。成田緑夢選手。
あの、成田三兄弟。元祖キラネーム。
確か、ご両親もいろいろあって、親子関係もいろいろあって・・・
そのせいで?
兄・姉は人生どん底までたたき落とされて、
でも今は銘々しっかり自立してて。

そんな三兄弟の末っ子。
怪我した経緯はもう周知でしょうが。
だのに、あの底抜けな?明るさ。
あの、シューゾーまでも「引いて」しまう、
あの明るいオーラ?!

もう、パラリンピアン、オリンピアン、関係無く、
単純に新しいアスリート、って思いましたねぇ。
そういう選手が日本から出てくるなんて!

アレ見てたら、俺には絶対ムリ、ってわかってても、
ちょっとだけ、スノボしてみよっかな?って
思いましたもんねぇ。
(でも絶対できない、絶対やらない。)

スキー距離の新田選手。
彼も、奥さん、お子さんに囲まれて。
「自分のために金を取りに行った」と言って
取ってしまう、その力。
障害者だから、というのは全然関係無く、
ただ単にストーリーを追いかける、
それだけでもう充分。楽しめるし応援したくなるし、
感動できるし。

ホント、スポーツに余計な演出なんて
いらないんだなぁ、って改めて思いましたねぇ。

アイスホッケーのGKはもう60際越え?
卓球の蝶々夫人と同じく、
高齢であってもスポーツしたい、スポーツする、
やるからには勝ちたい・・・
そのピュアさ、って、
なんだか、TV越しであっても、
憧れすら覚えます。

そりゃ、プーさんシャワーとか、
もぐもぐタイムとか。
そういうネタもいいんだろうけれど。
あまりにもそっちばかりだと、
真剣勝負してるアスリートに対してどうよ?
って思ったり。

だから、今回のパラリンピック、
中継ではそういう「余分」なものがそぎ落とされてたから?
(そう思った)
だからこちらも純粋に「スポーツ」として
楽しく見る事が出来たし、
応援もしたくなった、です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういや。
全然違うけれど。
攻殻機動隊の世界じゃ、当然のように義体化が広まってて、
むしろオリンピックよりもパラリンピックの方が
世間的に重みがある・・・っていう話があったと思いますが。

特にツールを使う冬の場合、
やがてはそのツールがどうしたこうした、って
まるでF−1みたいな話になるのかもしれませんが。

けれども、それこそ、「昔の」HONDAのように
そういったフィールドが「実験室」ってなって、
やがて社会に還元されて、
暖かい社会になれば・・・いいんだろうなぁ。

まぁ、夢物語で、あまーいお話、に過ぎないんだろうけれど。

ま、なにはともあれ。
パラリンピックにこんなに感動する、とは思わなかった、でした。
でもオモロかったです。

これからは世代交代も上手く進みつつ、
でも経験豊かなベテランもしっかり存在しつつ、
そうやって発展していくといいな。

応援しよっと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平昌・パラリンピック大会 uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる