uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯2018/ロシア大会 サムライ・ブルーの冒険を見て

<<   作成日時 : 2018/06/25 13:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月もいよいよ今週でオシマイ、
昼が一番長い日も過ぎ去って、
これからはだんだん夜が長くなっていく、
そんな時期で、梅雨入りもしたはずなのに、
なぜかここでは全然雨が降った感じがせず
(でも猛烈に降ったところは降ったらしいけれど)
そうこうしているその最中、
先週、突然の震度6弱(俺の所は震度5強だったけど)の
地震が発生したりして、
ますますこの国・この世はどこに向かうんだろ?
って不安におののく今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこに向かう?といえば、
エエ年になって、今月生誕記念日を迎えた俺の人生も
この先、どこに向かうんだろう?って
ふと思ったりもしますが。

この世が狂い始めているのか、
温暖化なのか、
モラルが崩れて言っているのか、
なにがどうなのか、は
全く原因ってのはワカランのでしょうが。

そのせいだろか?

開催中の
ワールドカップ2018/ロシア大会。

なにやら、予選のファイナルあたりから
「なんじゃ。それ?」みたいな
展開が色んな所で繰り広げられつつも、
なんとか無事に始まって・・・

そいでもって。
始まってみたら、今回?結構荒れてません?
ていうか、想定内ではないことが
(想定外まではいかないのが殆どとしても)
えらく目立っている気がするのですが・・・

そんなこんなで。
今日はまだ開催途中ですが、
マッチ32までが終わった段階、
つまり、大会もほぼ半分まで進んだ段階での、
インプレション、です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● ニッポン!フォルツァ・オッサンニッポン?!

いやいやいやいや。
日本人としちゃ、ある意味最大の番狂わせ、
ジャイキリチームでしょう?!
自分のチームがジャイキリを起こす!
ある意味・ある面、それは甘美で痛快なもの。

今回で6大会連続ってことだし。
正直、この先、W杯の参加枠拡大で、
W杯本戦までは生け続けるようになるんだろうけれど・・・

初回のフランス大会の時は
まだ右も左も分からず、
出場するだけで「おお〜っ!」ってなもんでしたよね。

あの時も予選でグダグダになって、
岡田氏に監督が代わって、
でも本戦では手も足も出ず・・・

せめてなんとかの一刺しだけでも、って考えすら
甘いもんだって思いましたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういや、最終戦が終わった後、
川平慈英の現地レポの最中に
ニッポンサポーターが
「岡田!反省しろ!もうやめちまえ!」ってやじってるのを受けて
「い〜え、そんなのは必要ないんです。ここがスタートなんです。
ついに日本はW杯の玄関口にたったんです。
次は日韓大会。今日の日を忘れずに、
みんなで次のステージへ進めばいいんです。」
的なことを即座に返してたのが
未だに印象にあるのですが。

1998年のあのフランス大会から、
色々と波はありましたが。
1回おきに良い−悪いのくり返し。

その順番で行くと、今回は「良い大会」になるはずだったのに、
本戦直前、ちうか、もう少し浅く広く見たら、
ブラジルの後の4年の「内紛劇(とあえて言いたい)」を
見せつけられただけで、
一体、JFAはなにをしたいのか?
どこへこの国のフットボールを進めたいのか?
単に、他の様々なスポーツ団体同様、
ヘンに利権に絡んだ政治家やジィサン達が
お金儲けできりゃそれでええんか?

みたいな忸怩たる思いをしましたが。

でも、今は目の前の、オッサンジャパンの冒険を
存分に楽しむのが一番!

確かに、これで勝ち進んだとしても、
何かがひっかかったまんま、ってのは
正直なところですが。
(おへそ曲がりなもんで・・・スミマセヌ。)

いい加減、JFA、電通、アスリートセカンド、自分ファースト、
っていうじじぃども(どの世界のもそういう具合の悪い
ジィサンはいるもんだ)、一掃して、
もっと分かりやすい、普通の運営してほしいもんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● それにしても

いや、マジ、グループHは、お隣グループG程ではないにせよ、
やっぱりロドリゲス/コロンビア、レバンドフスキ/ポーランドの
グループ抜け、番狂わせならセネガル、日本は草刈場、
って見られてたんだろうし、俺も正直「草刈場」にされるにしても
「ニッポン・サムライブルー」の魂だけでも、っては思ってましたが。

エッチゴ氏の厳しいお言葉の数々は愛すればこそ、
ってのは分かりますし、その通りだと思うのですが。

けど、ここまで、1勝1分け、充分良い夢見られてるじゃない?
まずはその夢、もう少しだけ見たいなぁ。

グループ最後はポーランド。
この時点で日本は大会からのドロップアウトが決まってる?
って思ってた身には、
まさかレバンドフスキのポーランドが「この時点で」
ドロップアウト「確定」ってのが未だに信じられないのですが。

「ランクで決まるなら試合は無用だ」とは岡田氏。
ホント、けだし名言ですわな。
日本の大手・劣悪スポーツメディアはすぐにランキング、って
騒いで煽るけれど(耳障り!!!)。

けど、正直、特に今年に入ってのJFAのかき混ぜが
どうにも、って思ってたから、余計にサムライブルーの快進撃が
もう痛快で、オモロくて!

でも最後にひとつだけ残る・そして絶対消えない、でもしか、な夢。
今回、ハリルホジッチだったら、どうなってたんだろ?
ハリル+西野、というのが結果として今目の前にある事実なんだろうけれど。

もっと早く、しかもリアルに組み合わせてベンチに置いときゃ、
ニッポンはもっと台風の目になったんだろうか、ね?・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 思えば予選から・・・

それにしても、今回結構見られる「???」。
今までは、W杯を軸に、世界のフットボールは4年周期でトレンドが映る、
スター選手も4年事に・・・って聞いてたけれど。

色んな進歩のおかげかな?
メッシ、CR7は、どっちも3大会連続の「メガ・目玉・スーパースター」だけど。。。
CR7は、そろそろ「ご褒美が欲しい」って貪欲に取りに行ってるんだろうけれど。

メッシ/アルゼンチン・・・結局、南ア大会のディエゴが正しかった?
「戦術はメッシ」。
これ、あの時「だけ」って思ってたら、結局8年間、ずっと基本コンセプトは
「戦術はメッシ」だもんなぁ。。。

メッシにチームが追いついていない・・・って、サンパウロ監督が言っちゃダメな気が。

結局、8年前や、脂ののりきった4年前なら、
分かっていても止められない、ってヤツだったんだろうけれど。
ここまで世界的に露出され、研究され尽くされたんじゃ・・・

でも、前回大会はそれでもファイナルまで進めた・・・
それはメッシ「以外」もあったから、
なんじゃないかな?

こうなると、南ア大会でのディエゴが正しく思えてきて仕方が無い・・・

それから。
おマヌケ担当のイッタ〜リャが、今回は予選段階で「オバカモード」フルパワー?
結局、最後まで勝ちきれず、スウェーデンにプレイオフでやられて、オシマイ。
本大会に60数年ぶりに出られず?

オレンジ軍団も今回は不在・・・

なんか、オバカが足りないような・・・
(でも、我々にはイングランドがいる!?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イタリアでは今大会の盛り上がりどうなんだろね?

きっと、ドイツが大苦戦してるのをみて、
実は真っ昼間からワインあおって、「やーいやーい」って
小馬鹿にする、という「イタリア人として重要なミッション」
を達成するために、なんだかんだ言いながらも
しっかり見てるんじゃないかな。

予選の波乱といえば。
今回、アメリカもアウトだったんですよねぇ。
確か、最後にパナマにやられて、アウトだった・・・んだっけ?

そのパナマも昨日のゲームでチームレジェンドが1点をとって、
それがチーム史上初だった、とか。
そういうのもまたひとつの魅力?なのかも。このスポーツの。
(でも、イングランドが6得点?・・・ドイツの向こうを張ってるつもり?)

それにしても。
アメリカチーム。
今大会に出てたら、大統領、プーチンさんの所に行くのかな?

<ノックアウトゾーンにニッポンが進んだら、
きっと総理はプーチンさんと肩を並べて
スタジアムに現れると思う・・・>

でもそうはならなくって、世界平和のためにも良かったのかも。

ついでに言えば。

ドイツの大不振?一体全体、あのドイツになにが?
ってくらい、ドタバタしてるけれど。

これまた、ロシアの政策に反対して、
今大会、西ヨーロッパの行政府首脳クラスは
ロシアに行かない、って話だけど。

メルケル首相なんか、大のフットガンフリークで、
絶対、自国チームの応援に行ってたはずなんだけど・・・

きっと今頃、プーチンさん、ベッドの中で
「ざまみろ」
ってほくそ笑んでたりして・

アルゼンチンとドイツ。
ブラジル大会のファイナリストが
今大会、こないにボロボロになるなんて・・・

たった4年しかたってないってのにね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● そんなこんな、で。

実は今大会・ロシア大会、って文字通り「おそロシア」な罠が
強豪国のあちこちに仕掛けられてる?

だからこそ、ニッポンの冒険が見ていてすがすがしい、
楽しい、って世界にウケつつあるのかな。

ただ、くどいですが。。。
ド素人・一ファンとして、百歩譲ってハリルを切ることが正当だった、
としても、その理由、納得のいく理由を協会にはお願いしたいですね。

でないと、4年に1度、コロコロ方針が変わって、
結局「ニッポンフットボールをニッポン化する」と
キャッチーな命題を掲げたI・オシム氏の作りかけた流れが
ぶちこわしになる・・・そんなの、っておもしろくなーい、って思うんですよね。

* 柔道だったら、勝ち方は当然、「一本勝ち」でなきゃ
「つまんなーい」でしょ?
野球だったら、王貞治氏が提唱した「スモールベースボール」が
「ニッポンの「野球」だ!」って胸張って言えるでしょ?
(語感がよくなかったかな?って王さんは言ってたらしいが。)
 そういうのが「そのスポーツのニッポン化」なんだろな、って思うけれど。

 ハリルの3年半・・・ザッケローニまで、それなりに続けようとしてきたスタイルに
「強さ」をブレンドしようとしたんだろうけれど・・・

 なんでこんなことになっちゃったんだろうな。

 他のNA(各スポーツの日本協会)でも
ハラスメント行為や、「¥」がらみの良くない話、って
耳にする気がするので(さすが、1998年とは違い、
SNSやら、デバイスやら、・・・ふー、ワシも
トシ取ったのぉ・・・)・・・
 そういうの、2020年を目処に全部一掃できないもだろか・・・
 皆様、いかがなもんでしょ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● さて、オッサンニッポン

 次はとうとう、そのポーランド戦。
 ポーランド戦でこんなに「うきうき」「楽しみ−」って言えるゲーム、って、
ここ最近のサムライブルーではお見受けしなかった、って印象があるのですが・・・

 今度は、どうか、どんな形でもいいから、しっかりポーランドに勝って帰って来て欲しいね。
 そして、なんとなく、最後の最後で、岡崎・本田・香川・長友、の絡みで何かが起こりそうな。
 いや、願望かな。

 ちうことで。
 まだまだW杯、いろんな「名シーン」「名ゲーム」が生じそうで、
ますます寝不足です。

 特に昨日あったばかりの「vsセネガル戦」はここまでの大会の
ベストゲームのひとつに数えても良いんじゃ無いか・って絶賛されてる記事を読むと、
なんか、「へへん」って鼻が高くなったり。
(でもコワかったし夜更かしになるから、って言い訳つけてライブで見なかった・・・)

 まだまだ「おそロシア」大会。折り返しあたり。
 ノックアウトに進んだらどうなるんだろな?

 まさか、ベスト8?!
 いや、もう少し冒険したいね。見たいね。

 フォルツァ・ニッポン!








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
W杯2018/ロシア大会 サムライ・ブルーの冒険を見て uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる