uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだ続く・続いてくれ!サムライブルーの冒険

<<   作成日時 : 2018/07/02 13:32   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

とうとう7月!7月2日って、実は
この日前後が本当の一年の半分になるのだ、
ということを知ったところで、
暑さが和らぎそうでも無く、
むしろ台風も南から接近することで
すでに午前中から夏日・真夏日、猛暑日、
ってなってる所も、お天気お姉さんは
涼しげな顔で
「今日はまだまだ熱くなりますのでお気をつけ下さい〜。」
って言ってるその画面に向かって
「いい加減「例年に比べて今年は異常です」って台詞
やめたらんかいっ!」
と言わずにはいられない今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホント、異常だ異常だ、って
毎夏・毎冬ごとに繰り返されてますよね?
すでに気のせいじゃ無いって。
むしろ、6月でも雪になった北海道とか、
やっぱり6月の日照時間や、降水量が
例年と比べてどーたら、とか。
挙げ句、関東甲信越地方、ってもう梅雨明けしたの?

異常、っちゃぁ、なんと禁断の?
米朝首脳会談まで開かれる始末だし・・・

ますます世界は暑さで狂ってるんだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな「狂った世界」って、
まさに今繰り広げられている
ワールドカップ・2018・ロシア大会も
そんな様相見せ始めてません?

殆ど先週の続き?の備忘ですが。

狂った、というより、もはや「呪い」がかかった?
パーヴォ・ヤルヴィ、いやさ、プーチン大統領の呪い?
どんどん下馬評の高かった国が消えていってねぇ・・・

ちうことで。
今日は先週に引き続き、
サムライブルーの冒険のお話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、ホントはもそっと先にまとめて備忘しようかな?
って思ってたのですが。

まさか、グループラウンド最終戦で
ニッポンが「アレ」をやるとは!
ただただ、そこに猛烈にビックリすると同時に、
確かに「勝ち抜け」してほしかったけど、
これだってGL抜けの正当な(ルールに則った)方法!

きっと、日本以外はブーイングなんだろうけれど。
でもちゃんとブーイングしていいのは、
現地で観戦してたサポーターと、
セネガルの人々だけ、って台詞に大賛成。

そして。「アレ」。
普通「勝っているとき」に勝っている側から仕掛ける談合なのに、
こないだのゲーム、ニッポン、負けてたんっすよね?
負けてる側が残り10分もあるのにゲームを終わらせようとする?

確かに衝撃的な方法かもしらんけど、
それを全部受ける覚悟の監督の度量ってば!

その状態で、完全他力本願ってことになったけど。
あとでよくよく考えたら、もしかしたら、コロンビアが1点取る前に
ポーランドが1点とった、ってコロンビアとセネガルがわかってたら、
その瞬間、そこで談合が成立しても
おかしくなかったんですよね。
だって、その瞬間、日本は3位になっちゃった・・・んじゃなかったっけ?

それと。韓国とドイツ。こちらも最後のアディショナルタイムで
韓国が勝つ?!
しかも、もしかして、第3戦でメキシコがスウェーデンに勝ってたら
韓国、奇跡jの2位抜けもあった、って?

だから、メキシコにしてみりゃ、ドイツが負けてくれることで
自分達がラウンド16に進めることを知ってたからか?
ただひたすら、ドイツを0点に押さえ込んだ韓国に
声援を送ったのだ、とか?

うーん。でも韓国の側からしたら、、、
「あんたらがスウェーデン押さえて暮れてりゃ俺たちうだってなぁ・・・」
という複雑な気持ちもあるのだ、とか。

まぁ、答えは出ないのでしょうが、なんか、
グループゲームひとつ取ってみても、
色々こう、ドラマがありますねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そして我らが「オッサンジャパン」!
いやさ、サムライブルー。

ホントはラウンド16か8が終わったあたりで
2回目の備忘しようと思ってたのですが。
やってくれましたねぇ!ニッポン!サムライブルー!

ラウンド16進出!いや、目出度い、ほんと、めでたい。
まさかここまで来るとは!?
しかも今回は過去の経験を踏まえた
まねーじめんとをしている?のだとか?

ちうことで。
俺の結論ですが、アレ、充分ありでしょ。
胸張ってりゃいいんだ、と思うけどなぁ。

すげーって思ったのは2つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり世界的にタブロイドはどこもかしこも
似たり寄ったりなのかな_

それから、翌日のリーディングペーパーも
殆どが・・・でしたが。

一つ目、ですが。

俺はアレを見て、あっさり感動しました。
あれが問題?へ?それが、なにか?
負けた側が仕掛けた談合、って部分は確かに「えええ?」でしたが。

確かに、ニッポンの昭和的な思想にガチガチに括り付けられた
哀れな人々は
「日本人らしくないっ!」
「ニッポの精神の微塵のかけらも無い。」
「ニッポンの恥さらし!」
的な罵詈雑言を、例の「手のひら返し」で展開しまくってた
ようですが。

上げて、落として。
上げて、落として。
はい、もう1回、
上げて、落として。

・・・ほとほと、この国の大手スポーツメディアの酷さったら・・・

おまけにリーク情報?ポーランド戦のスタメンが前日の新聞に載ってた?
まるで、ウソみたいな、でも安直に「予想」が出てて、しかもそれが「あたり」。

GKを除いて残り10人。そのうち、6人を入れ替えちゃうの?
むしろ、そっちの方がはるかにギャンブルじゃ、ね?
そしてそっちの方が遙かに「チョー・問題」なんじゃ、ね?

6人の入れ替えに関しては監督が説明しておられたようですね。
GL3連戦でたっぷり疲れたまんま、R−16に進むと持たない。
だから、とりあえずベルギー戦を勝ち抜くために
あえてこういう布陣をしました、と・・・

確かにW杯でターンオーバー出来るほどの人材が
未だニッポンにはいない、ってのは正確だし、
だからが故にトーナメントに
そういう決まり方でトーナメントを出てきたニッポンを
「ボコボコ」に負けるだけなんじゃわーい、
っていう、「ゲーム発祥の地」と称してそこだけを自慢してた
人達に言われたかぁ、ないよ、ねぇぇぇぇぇぇ。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、二つ目。
何よりも「監督=組織のリーダー」の凄みを
見た気になりましたね。

だって、あのパス回し。これもさんざんいわれてるだろうけれど、
確かに昔の・昭和のニッポンだと、あの状況でしっかりとパス回しをして、
昔トゥルシエが言っていたように「ゲームをおらせる」ってことを
選手に指示したのが監督なわけでしょ?

そら色々と、特に海外行っちゃった知り合いの人々からのお話をきくと。
やっぱり、ある意味「勝てば官軍」が当たり前、って言いますもんね。
「勝てば何でも言い」というのは行きすぎだろうかもしれないけれど。
けど、3戦トータルで見たら、やっぱり胸の空く感じが。

だから、彼の地の「先進国」の人々は平然と談合してるじゃないよ?
それをフットボール辺境の地の国がやったもんだから、
あーだこーだ、言ってるわけ?なのかな?

他方、やっぱり「ニッポン」たるもの、
「美しく散れ」と叫ぶ昭和人もわからないでもないですが。
でも、真正面から言ってあっさり負けて「惜しかったです〜」
「感動をありがとう〜」ってのはもういい加減お腹いっぱい。

どんな手段を使っても、
その先の世界を一緒に見に行こうよ!
って気持ちの方が遙かに強いんだが・・・

この作戦。
岡田氏は支持していたようですが、I・オシム氏は言葉を濁してたとか・・・
確かに、ユーゴでは「美しく勝て」と「政治」とが絡んで
すごくツライことも沢山あったろうし、
だから思い出すようで触れたくはなかったんだろうけれど・・・
でも「勝ち抜ける」こと、「それよりも次こそが!」というお言葉。
それはそれで深みがあったと思いましたねぇ。

それから、ザッケローニ氏。氏もイタリアンなせいか、
やっぱり「勝って抜けてほしかった」っぽいけれど、
「けど、勝ちゃええやん、それより次!」ってのは
共通した考えなんだろかね。

あえて・・・今、ハリルホジッチ氏はどう考えている、
どう捉えているんだろうか?

あんな「別れ方」をして、「ニッポンなんて!」って言っても
仕方が無い、と思うけれど。
けど・・・西野監督で勝ってるからそれで良し、ってJFAが思うなら、
それはそれで・・・でしょうなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても。
「アレ」。
ただ、フィールドにいた、その場に居た選手は
たまらんかったろうな。
そりゃ「負けるため」にピッチに立ってるなんて、
ツライとかいう単純な表現では足りないだろうし。

でもそれこそ「勝てば官軍」。
むしろ、10分以上もよく耐えたもんだ。
そこにすごい進歩を見た気がしましたねぇ。

オマケに。
おかげで?
それまでロシアを中心にファンを増やしてたサムライブルー、
アレのせいで世界的なヒールになったかもしらんが。
(それを揶揄する大手一般紙にはもう閉口するしかないが。)

ヒールになったからこそ、より強くなれることもあるかもね?
なんか、以外と?ポコポコって、ラウンド8とか行けそうな気も?

ともあれ。
ボコボコにやられるか、めっちゃ首の皮一枚で抜け出るか?
どっちか、かなぁ?って・・・明日の朝を信じよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それよか。やっぱ、メディア。
独立系・個人系の人のコラム・レポ、記事はとても為になるんですが。

大手さん?一般紙?・・・
見方の秘密情報をリークするかなぁ?

6人入れ替え・・・そういう作戦は分かるんですが、
それを報道した安直な大手メディア?
それこそ、そういう会社こそ消えて無くなればいいのになぁ〜?
って思ったり。

それこそ「犯人捜し」せなあかんやろ?
そのリーク情報が致命傷になる可能性もあるんだし。

どうせ何らかの情報を流すんだったら、
もうおなじみパターンだろうけど、
フェイク情報を「速報」として発信して、
相手をかき回す・・・それくらいええのとチャウかなぁ?

確かに、なんか、こう。
昭和な美徳がまだ社会に息づいているんだろうなあ。
いや、当然、捨ててはいけない、いつまでも大切にすべき
昭和の美徳、ってのは沢山あると思いますが。

その中でも、今や時代が変わったのに、
それに気がつかず、いつまでも自分のもつ昭和の美徳を
押しつける人々ってのは・・・ねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、あとちょっとだけ。
最初に戻って?
プーチン大統領の呪い?

再び西側と冷戦?そんな政治情勢があるからか?
・・・かどうかはワカランですが。

そもそも、イタリア、オランダがいない本大会がこんなに違うなんて!
って思ってたら・・・

ドイツが?!韓国にまで敗れ去って、GL最下位?
まあ、メルケル首相は観戦しにドイツに行く必要はなくなったけどね。

アメリカも予選落ち、本大会お休み?

それから、このまま行けばメッシじゃなくってマラドーナの大会になった?
アルゼンチンも、やっぱり不完全燃焼のまんま。
でも、2010年当時、マラドーナ監督の時の「戦術はメッシ」が
今でも生きている、というのはある意味慧眼だった?

それにあわすように、C・ロナウドのポルトガルまで?
案外、この大会はロナウドの大会か?と思ってたけど・・・

気がついたらダークホースだらけ?
その中に、ぜひ、ニッポン、入っててほしいね!
そして、ポーランド戦のアレは「この為にこそあったんだ!」
と言えるようなゲームを期待したいです。

フォルツァ・ニッポン!
Go!サムライブルー!

・・・でもって、今大会優勝は、強いとこが全滅・自滅した挙げ句、
なーんも考えずにポコ、って勝ってしまったイングランド・・・なのか?

うーむ。

4年に1度の大会も折り返しを過ぎてあと半分ほど。
フィナーレ、どうなるんでしょね?

サムライブルーがファイナルの場にいれば!・・・!!!
\(^O^)/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
まだまだ続く・続いてくれ!サムライブルーの冒険 uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる