大エルミタージュ美術館展 に行ってきた

つい先日まで紅葉中継がTVで流れまくってたはずなのに、
今日はとうとう初雪っ!
一体全体、今年の秋はいつの間に終わったの?
と叫びたくなる今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか?

さて。
その「秋」。
ワタクシ、今年は一人勝手にエンターテイメント・芸術の秋、
ということで、色々とイベントしてたりします。

いや、ホント、関西経済の力が衰退したといわれて久しいですが。
これだけ色々なイベントが集中したのは
本当に久しぶりではなかろうか?

という、そのイベントのヒトツ!
「大エルミタージュ美術館展」に先週行って参りました!

* 他の大きな展覧会っていうのが・・・
「マウリッツハウス美術館」と「エル・グレコ」ね。
 エル・グレコはもうすぐ行きます。
 レポはその後で!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや。
TVのそういう番組(美の巨人とか?)では
よく耳にする名前。
はたまた、ロシア音楽・芸術の話になると
必ず耳にする名前。

エルミタージュ美術館。

コレクションもあまりにも膨大な数過ぎて、
常時展示されているのが
総コレクションのうちの 1/8 なのだ、とか?

なので、一体全体どういうコレクションなんだろな?
という興味はずーっとありました。

そしたら、ついに!
美術館の日本ツアー!
しかもタイトルが「美術館展」ですよ、「美術館」展!
「美術展」ではなくって!

さらに、ちょいと、奥さん、「大」ですよ「大」
「大エルミタージュ美術館」ですよ!

ともあれ。
「美術館」が展覧会の対象になる?!

そんなこんな、な期待をしつつ、
京都美術館に行って参りました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行ったのはいいけれど・・・
カミさんとの日程の関係もあって。
今回は日曜日に行きました。

いや、ですね。
前述の通り、関西圏に同じ時期に
3つもごっつい展覧会が来てる、ってせいなのか?
エルミタージュは土日でも待ち時間なく
普通に入れる、ってTwitterにもあったので
「ま、日曜日でもいっか。」と。

* それにその直前、結婚記念日という
イベントもあったので~。=記念日イベント、ですな。

ところがところが。
会期末だったせいか・・・・
やられました。

じじばば の団体さん。
なので、正直、ちょっと見えづらかったかな。
中途半端に人の流れに従わなかったり。
ちょっとでも隙間があると
平気で「ワタシャ年寄りなもんで・・・」という態度で
ごりごりと割り込んできたり。。。

京都の美術館、唯一そういう「団体さん」がいるのが
いつもイヤなんですよねぇ・・・

それと、絵画と照明の位置関係がいまひとつ
計算されていなかったか?
立ち位置によっては、例えば人物画の顔の部分に
ライトが重なってしまい、見えにくかったり・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまぁ、残念な所を先にあげつらってしまいましたが。

全般のインプレッション?!
そらもう、絢爛豪華、まさに西洋絵画の「歴史教科書」
というべき、ものすごいラインアップ。

16世紀~20世紀まで、
それぞれ各世紀ごとに十数点の代表的な作品がっ!

しかも、本館に戻れば、そのン十倍もコレクションがある、
ってわけでしょ?

いっや~。
ヨーロッパの「王族」の本気、ってのを
見せつけられた気分ですわ、はい。

ただ一方で、フランスに留学していた知人の台詞・・・
(笛の勉強してたのね。)

「ロシア?確かに定期的に芸術が流行るけれど、
それって「たまにちょっと珍しいものを食べたい」って
感覚と一緒なのよね。あっちじゃ。」
「基本的に、西欧ではロシアって「成金」って思われてるし。」

てのを思い出しました。

でも、その財力、集めるだけの力、
それはやっぱりハンパないですね。
これだけのものを見せつけられれば。
しかも美術館全体からみれば、ほんのちょっぴり。

でもこれだけのコレクションがあるならば、
逆に「外に出したくない」「見たいなら美術館に来い」
という美術館のスタンスもよーくわかる気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16世紀の部屋・・・
ここにはダヴィンチの時代の絵画が。
へぇ、モナリザが裸体になったら、か!?
いきなり、ヴェチェリオの重厚な絵があったり!?

17世紀の部屋・・・
そしたら、あーた、いきなり?
ファン・ダイクにルーベンス?
先日見た「マウリッツハウス」と同じレベル・規模で
作品群をコレクションしてる、ってことか?
やっぱりこの二人の絵も、
いつまでも、のんびりと、ゆったりと、一日中
眺めていたい、ですね!

18世紀の部屋・・・
ここがエカテリーナと同時代、ってことなのか。
エカテリーナは実はロシア人ではない、ってのは
初めて知りましたが。
イギリスの絵画も発掘した、とか?
このあたりは、やはり先日見た
バーン=ジョーンズの時代なのかしら?
確かにああいうタッチの絵が多かったような気が。

19世紀の部屋・・・
当然、エカテリーナ「後」なのに、
全然衰えを知らないコレクション。
今度は、え?なんですか?
ドニにセザンヌ、ドラクロワ、モネ?
このあたりはルーブルな世界なんだろか?

20世紀の部屋・・・
そして近代。
でもここにはマティスだの、ピカソだの・・・
おいおい。もう絶句。
どれもこれも、言葉では言えない迫力!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまぁ、本当にエルミタージュ美術館を駆け足で、
いや、全速力で走り抜けた、ということになるのでしょうが。

こういうのを「国力」をもって実行した、
という、それこそがその国・土地の持つ
芸術の力、になるんだろうな・・・

と改めて強く思った次第。

お腹がふくれないから無駄!

とかいうセンスの人にはぜーーーーったいに分からない話
だろうな。
分からなくって良いから、邪魔や破壊だけはしないでね。
それって、一歩間違えたら、とある地方の原理主義な人達
と同じことになりゃせんか、ね?


ああ、やっぱりホンモノの持つ迫力、って
すごいわー・・・

そんなことを改めて痛感すると同時に、
ホンモノの持つ迫力にちょっとでも近づければ良いな、
と思った、京都の初冬、なんではありました。

あ~、ホント、お腹いっぱい、ごちそうさま!でした!






エルミタージュ美術館秘蔵 レンブラント展 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1982年備考:表紙に少シミ状態:B-サイズ参考画像はありません

楽天市場 by エルミタージュ美術館秘蔵 レンブラント展 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】LD BGV(名曲美術館) /エルミタージュ美術館【10P10Dec12】
ネットショップ駿河屋 楽天市場店
発売日 1992/02/26 メーカー希望小売価格 5,913円 メーカー ビクターエンタテインメン

楽天市場 by 【中古】LD BGV(名曲美術館) /エルミタージュ美術館【10P10Dec12】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

がくげい エルミタージュ美術館ジグソーパズル 4935678204992
オンラインショッパーズ
 ※こちらの商品はお取り寄せ商品です。メーカー在庫がある場合3日〜1週間程度でお届けいたしますが、メ

楽天市場 by がくげい エルミタージュ美術館ジグソーパズル 4935678204992 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





エルミタージュ美術館ジグソーパズル
がくげい

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エルミタージュ美術館ジグソーパズル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック