分岐点の3代目! New MINI・CLUBMAN

一地方選挙とは言え、
ブラック・デモクラシーがはびこるのか、
ここで一旦止められるのか、
そういう「うたい文句」で対岸の火事を眺めてたら、
案の定?ウソと欺瞞に満ちた側を選んでしまった、
という結果に、なにやら気分はどんよりする
2015年の晩秋、
皆様いかがお過ごしですか。

まぁ、地方選挙なので
その地方の皆さんが選んだ道が
滅びの道だった、としても、
それはやむなし、って部分はあるんだろうけれど。
範囲外の人には、外野席からああだこうだ、
と騒ぐしかできないんだろうけれど。

好きだった街が滅びる様を見るのかな?
と思うと、なんだか、ね・・・

こうなったらせめて
「こっちには来ないでね」
と、火の粉が飛んでこないように祈るしか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまぁ、そんなどんよりした気分を吹き飛ばすべく、
今日は久しぶりの「新車めぐり」な備忘です。

2年前。
我が家新車プロジェクトの結果、
我が家に来てくれたMINI・PACEMAN!

相変わらず、全然遠乗りできてないけれど、
けど、やっぱカッコイイしカワイイし。
男前、って言い切るのとはちょっと違うけれど。
カッコカワイイ?ってやつですかね?

街中走っていても
時々「なに?あれ?」
みたいに振り返ってくれる人々。

ありがとー!

そんなMINI・PACEMAN。

ディーラーさんも細かな演出がお好きなようで。

毎年定期点検をして下さるのですが。
(* 購入時にパッケージを契約したら、そうなります。)
今年は「誕生日おめでとうございます!」
のカードとともに、点検の案内!

・・・誕生日?俺の誕生日は6月なのに・・・
と思って封を切ってみたら
「あなたのMINIが誕生日を迎えます!
おめでとう!」
という演出だったんですよねぇ。

いやいや、ありがたいし、嬉しい限り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。
前振りがむちゃ長かったですが。

点検のために納車に出かけたら、
MINIは只今新車を熱烈売り出し中!

新車?

そう!

New MINI・CLUBMAN 誕生!

ってなもんです!

こりゃ良いタイミングじゃわいな!
ということで、早速「べたべた」見て・乗ってきましたぁ!

* しかも?幸運なことに?
訪れたのが三連休の最初。
そのせいか、結構「空いてた」んすよね。
なので、見放題、触り放題、乗り放題!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MINI・CLUBMAN

「代」としちゃ「3代目」なのだそうです。
どんな世界でも?3代目ってのは分岐点なのだ、とか?

初代は作り上げる。
2代目は受け継ぐ。

で、3代目で発展するか衰退するか、の枝分かれ・・・
なのだそうですが。

さすがに初代のCLUBMANは生で見たことがないですが。
モノクロの写真程度ですが。

いっや~、いかにも!ブリティッシュ!って印象。
成り立ちを聞けばナットクですが。

1950年代に初代MINIが発表されて。
それを気に入った英国貴族の方々さまが、
「MINI、ええけど、これで狩りに行くにはちょっと短く、ね?」
ってなリクエストを出して、
そいでもって、MINIをストレッチして
郊外に狩りに行けますよ~、
な車に仕立てた・・・・

それが成り立ちだったのだ、とか?
(それでOKっすかね?)

で。時は流れ。
BMW・MINIになって、
カタログを増やす、ってことだったんだろかね?

初代のCLUBMANを、2代目BMW・MINIをベースに
「アーカイブを現代風に再構築しました」
ってな案配で、2代目CLUBMANが発表された・・・

だったそうです、ね。

この2代目CLUBMAN。
結構「コア」なファンが多かったんでしょうね。
2代目MINI程ではないにせよ、結構街中で見かけたり
してましたもん。

オーナーさんには悪いけれど・・・
CROSSOVERよりCLUBMANの方が
MINIのファミリー、って感じがして、
CLUBMANを見るたびに「あ!MINIだ!」
って親近感覚えてましたもんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして。
2代目までのCLUBMAN。
何と言ってもサイドドアでしたよね。
あの、観音開きのサイドドア!

なんでああいう作りなんだろ?って最初は「???」
だったのですが。
狩りの話を聞いてナットク・教わりましたが。

後部座席に「荷物を放り込む」のを
やりやすくするため、だったんですってね。

つまり、CLUBMANもあくまで「2人乗り」が基礎。
で、荷室まで回り込むことなく、
ドライバーシートのすぐ後ろに
「猟銃」などの長尺モノを
ザクッと放り込みやすくする・・・
その為にドライバーシートの「側」から
開けられるドアにした・・・

ってことでOKっすかね?

だから、最初からその仕組み・理由を
知っていたら、
俺の使い方にまさにぴったり!
・・・だったかなぁ。ふふ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。
ようやく、3代目の話!

今までのCLUBMANは「そういう成り立ち」
だったので、結構「カジュアル感」ってのは
あったんだろな、と思います。

けど、この3代目。
サイドの観音開きを捨てて、
普通の4枚ドアにした!

まずはそこが最大の変更点、ですよね。

これ。たぶん。

荷室と前席との間に設けた後部座席に
最初から人を乗せる、という風に
考えを変えた、のかな?

そもそも2代目の後部にも
人を乗せてる図、っての結構見たもんね。

だから最新のMINIには5枚ドア、
ってのが出来たんだろうけれど。。。

そのあたりは昔の備忘をご覧下され・・・

http://utaflpic.at.webry.info/201412/article_2.html

そんなこんな、で
3代目CLUBMAN。

今までのカジュアルからがらりと変わって
「高級」路線に行った・・・みたいですね。
いや、実際、「ドレスアップ」したな、
って感じしますもん。

ディーラー店には、上手い具合に?
お客様の?2代目CLUBMANが停まっていたので
見比べることができたのですが。

2代目が「カジュアル」な就職したての若い人ならば、
3代目はその彼(彼女)が
「ちょっとドレスアップしておでかけ」しようとしてる・・・

なんかわからんけど、そんな感じ、かなぁ。
高級、上品・・・という言い方とはチト違います。
高級、上品・・・ってのは、BMWの5ナンバーあたり?
(MINIの隣がBMWのショールームだったの。)

あ、けど、若い人でないと似合わない、って車ではないです。
正面は上手にMINIの顔を保ちつつ。
サイドビューは無理なくMINIをストレッチした、って感じ。

結構長いな~・・・って思ってたら、ディーラーさん曰く

「うた さんのPACEMANで大体、長さ4100くらいでしょ?
このCLUBMANでも4200程度なんですよ!」

とのこと!
えええ?これは正直、びっくり。
見た感じ、3代目Odyssey(前の俺が乗ってた車、ね)、で
長さ確か4750ほど。
そこまでは長くないんだろうけれど、その残像があるので、
これ、4500くらいなのかな?って思ってしまった。

「へへ。そうでしょ?後部に人を乗せるので
見た目長い方が心理的に楽なんだそうですよ。
PACEMANもそうですが、MINIのシリーズは
そうやってデザインで上手に見せる、ってことを
やってるんですよねぇ。」

とドヤ顔。・・・(参りました。)

なので。
正直、MINIで5枚ドア(4枚ドア)が欲しい、というならば。

・・・最近、ご家族で乗りたいけど、3枚ドアだと乗降が大変、
って人向けに、5枚ドアを展開し始めてる、ってことだそうですが・・・

MINIの5枚ドアバージョンじゃなく、
絶対これにすべきだ、と思ったですねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CROSSOVERの5枚、ってのも実は俺としちゃ
猛烈に「?????」なのですが・・・

確かにサイドの観音開きドアをやめた、ってのは
1つの個性を捨てた、って思わなくもないのですが。

けど、MINIのテイストを残しつつ
無理なく・自然に5枚ドアにしたならば、
MINI5枚ドア版じゃなく、絶対こっちの方が自然で
居心地いいだろな、って思います。

実際、後部座席もCLUBMANの方が
他のセダンなどの4/5枚ドア車の後部座席と
同じような感じしましたもん。

MINI5枚ドア版は、
やっぱり後部は1時間座ってるのが限界?
って感じしますもん。

なーんだ。BMWさん。
だったらMINI5枚ドアはヤメにして、
最初からこっち出してりゃよかったのに~。

それから、もひとつ。
後ろのドア。荷室のバックドア。
これは「伝統を守って」?なのかな?
しっかり観音開きになってます。

でもそこは最新テクノロジー!
キーレスエントリーを仕込めるようで。
むちゃ感動。

普通、キーレスエントリー、って
鍵持って近づいたらドアロックが解除される、
ってヤツじゃないっすか。
けど、それ、ロックが解除されても
ドアが空いてくれなきゃ、
結局荷物を一旦手放さなきゃダメ・・・すよね?

ところが。このCLUBMANの仕掛けって!
ナンバープレートの下に向かって
足を出し入れする!
あたかも・ボールをキックするように!

すると、そのアクションに反応して
ドアが「勝手に!」開いてくれます!

いやいや、これは素晴らしい・・・
って、文字だけじゃわからんでしょう?!
けど、こればかりは「実際にやってみたら」
すぐ分かりますし、感動しまっせ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで。
エクステリアを見たら次はインテリア、ですが。
これは代替わりしたMINIのテイストを
そのまま持ってきて、でも一部はさらに洗練させて、
ってことのようです。

これは正直、「もう見たことある!」なんではありますが。
なんか、CLUBMANの高級感演出を考えると、
このデザインはCLUBMANにこそ似つかわしい、
って思いました。

最新のMINIだったら、インテリアは先代と同じような
路線もアリだったか?と思ったのですが。
3代目CLUBMANだったら、むしろこっちの方が
しっとり・似合ってる、って感じがしたんですよねぇ。

まだまだ備忘ネタはあるのですが・・・
とっとと最後のネタ・走り、も備忘しとかなきゃ。

乗せてもらったのはCooper。
1.5Lのツインターボ、とのこと。

でも。。。
むっちゃ静か!今までのMINIの中で
一番室内が静かなのでは?

そしてエンジンパワー。
むしろPACEMAN(1.6L)よりも
余裕があって、たっぷり力持ち、って感じが!
オマケに、ターボなので、
燃費も素晴らしいのだ、とか!

「2代目CLUBMANは確かにアウトドアテイストがありましたが、
3代目はむしろ「街乗り」ってのを相当意識したんですよねえ。」

「なので、ゴーカートフィーリングにくわえて
さらに「くいっ」とした反応性とパワーと、が出やすい
セッティングになってる・・・という感じしませんか?」

うんうん。
静か、けどパワーは上品に出せてる、って感じ。
こりゃ、楽しいわ。

「ボク、試乗車で高速を1時間くらい走ったんですけど、
思わずかっ飛ばしましたもん。
そうしたくなる車ですよ~!」

うんうん。俺だって、この車だったらそうするわさ。

それに、意外と?結構?
長い割りに?ストレッチした割りに?
安定してる感じが・・・

「そうなんですよね。ホイールベースを延ばしたので、
その分、安定感が増しています。
PACEMANの「やんちゃ」ぶりとはまた違った
「しっとりした高級感」っての、
感じませんか?

うんうん。PACEMANとはマッタク違ったキャラ。
でも、3枚ドアのMINIとも全然違うキャラ。

ホントに、スーッと、けど、
グオーン、って走る・・・

言ってしまうと結局それだけなのでしょうが、
けど、「ボク、高級ですのよ~!」って・・・そんな感じでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
MINI・CLUBMAN。
3代目。

先代が「アウトドアでやんちゃ・しようぜっ!」
って印象だったのが、
その彼が成長して
「ボクもちょっとは高級ですのよ。」
みたいに進化した・・・

そんな印象の3代目・CLUBMAN、でした。

いやいやいやいや。
仮に・今・目の前にPACEMANとCLUBMANと、
どちらも同時に発表されてたとしたら・・・

むちゃ、悩んだろうなぁ・・・
どっちも欲しいけど、
到底、現在の我が社の指導部による経営状態じゃ・・・

そう思ってプライスタグを見ると・・・
PACEMANより若干?お高いの?・・・

まぁ、「お上品になりましたのよ。」「高級ですのよ。」
って路線だから、しゃあないんだろうけれど・・・

* そういえば。CLUBMANの宣伝、って
高級感を演出するために、それまで「黒色ベース」だった広告が
この車だけ「白色ベース」に「イメージカラーのブラウン」を配した、
そんな感じになってますよねぇ。
確かに最初見た時「あれっ?」でしたもんね。
けど、確かに「高級になりましてよ、おほほ。」って感じしますもんね。。。

えーい。なんでもええからさー・・・・
・・・宝くじでいいので。当たりますように。。。。

。゜(゜´Д`゜)゜。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック