なんで?マクラーレン・ホンダ@スズカ?!・・・来年こそは! 

台風がずんずん連続して来襲するわりには
全然涼しくならないし、
むしろ梅雨時まっただ中みたいに
高温多湿な状態が続いてたかと思いきや、
連休最後にいきなり秋ど真ん中みたいな
スッキリした天気になって、
それはそれで、気温の急変で
風邪ひかないか?
とビビッテたじろいでいる今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや。
こりゃ、もう亜熱帯気候認定ですな。
こちら西日本はいつまでもジメジメ、
湿気たっぷりな暑さだったのに、
なんだかここ数日間、
「最高気温は昨日と比べて5℃違います」
って、お天気アプリのお知らせを見て、
どーでもいいけど、ふつーに秋にならんのかな?
と、愚痴らずにはいられない、ですよねぇ。。。

三連休と言っても、
初日が真夏日越えで、
でも夜中にザバっと振って、
昨日は中途半端に曇天、湿気。
で、今日はめちゃ秋晴れ。
この3日感で一気に季節が変わったですね。

今日みたいなのを
秋晴れ、って言うんだろな。
でもって、スポーツするなら・見るなら
やっぱ、今日みたいなのがいいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういや、10月10日が「体育の日」になるの、って
「変動制」になっていついらいなんだろね?

聞けば、64年の東京オリンピックが
10日10日開催になったの、って
この日は「腫れの特異点」だったからなのだ、とか。

そりゃ今やお金とプロフェッショナルが
幅聞かせてるオリンピックだし、
シーズンオフの関係で7月末なんだろうけれど・・・

アスリート・ファーストをうたいあげるなら、
やっぱ日本でやる大会なら
この時期でないと、マジ、命が危ないのと違うかなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とかなんとか言いつつ。
今年もF-1、スズカに帰ってきましたね。
ホントなら、昨日より、やっぱり今日みたいな
底抜けの秋晴れの方が
すんげぇ、「絵」になるんだろうけれど。

そうですか、今年でスズカ30周年、28回目、ですか・・・

え?なんで?30周年で28回?・・・

と思えば・・・
そっか、Tさんが横やり入れて、
悲惨な状況の中、
強引にヨソで2年ばかりやったんだっけ?

今年のF-1、スズカ。
今年も残念ながらCSオンエアで見たのですが。

現地で見たのはいつだったっけ・・・
もう一度だけでもいいから、
現地行ってみたいかも。

現地で見た時って・・・
そういや、一度は豪雨になったんだっけね。
94年、セナが事故死した年のスズカだったかな。
あまりに酷くて、レース2分割だったっけ。

それとか、友人のおこぼれを頂いて
予選だけを見たっけなぁ。
(予選の分を俺達がもらって、決勝は友人達が見た。)

あれからまた随分とスズカも様変わりした見たいやね。
特に、Tさんが2年分を分捕った時期を上手に使って
全面改修したのはよかったかも。

けど、残念なのは、その後、改修後のサーキットが
満員御礼になったこと、って・・・あったのかな?
カムイの頃、あったのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVで見る今年のスズカ。
これは、スズカに限らないんだろうけれど。
確かに「空席」が目立つようになった気がしますねぇ。

やっぱり、良い意味でのナショナリズムを
実感出来る、ってのもF-1の楽しみ、って思うんですよねぇ。

フェスルタッペンなんかだと、
ベルギーGPがオランダGPにしちゃうくらいだもんね。

やっぱり、「ニッポン」を一番ダイレクトに感じられるのが
ドライバー、そして次にチーム、じゃないっすかね?

でも・当然、今やサーカスの中には
普通にニッポン人もいますもんね。
(これは解説でもずっと言われてましたねぇ。)

今年なんかだと、ハースの小松エンジニアが
すっげー頑張って、
参戦初年度なのにこれだけの結果を残してる、
ってのは思い切り「ニッポン」として誇らしいですよね。

だから?!なおさら?!
ニッポン人ドライバーって存在が欲しいなぁ、
と思うのですが、今やF-1シートも
金次第・・・ちと夢がなさすぎませんかねぇ?

となれば。やっぱりチーム。
一番嬉しいのはスクーデリア・ニッポン
なのでしょうが・・・

昨今の経済の風潮などなど・・・を考えると、
特定メーカーに偏らず、オールニッポンでチャレンジする、
ってのが一番「お金が集まる」のかな?とも
思うのですが・・・・・

ま、そりゃマンガの話、だろな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちうことで。リアルにはやっぱり
マクラーレン・ホンダ!
なんですよねぇ。

どうしてもそこが主軸になって見ちゃいますよね。

そのマクラーレン・ホンダ。
2015年のスズカはホント
悲しいだけだったですよねぇ。

ワールドチャンプを2名揃えての、アレ。
「こんなの、GP2やんけ?」って言わせるレベル・・・

でもホンダ側が大幅に体制を変えて
(なんで変えたの?最初からそうしてりゃ・・・)
スタートした2016年シーズン。

それこそ80’sや90’sのように
大メーカーの総力を結集したら
あっという間にTopに君臨・・・
なんてことは今や夢物語・・・

というのはよーくわかってるツモリでも。
せめて、いくらなんでも・・・

という最低限の部分はクリアしてくれた、
って感じだったんですよね。

で、中盤戦あたりから、Q3に進めることも
ある程度普通になってきて・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、シンガポール、マレーシア、ときて、
聞こえてくる「スズカ・スペシャル」の声。

レギュレーション的には「そこだけスペシャル」
が不可なのは分かってますが・・・

ポディウムが無理でも、
せめてトップ10には2台とも、
いや、1台だけでもトップ6に・・・

しかも、バトンは「とりあえず」
今年が「最後のスズカ」っていうなら、ね。

ちょいと淡い夢を見たのですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん。
レースが終わって。ただただ残念。
というか、予選からして「?????」。

もしかして、これ、ホンダじゃなく、マクラーレン側?
今までさんざ、ホンダのせいにしてたくせによー?!
って泣き叫ぶ・・・までは言わないにしても。

「(悪い意味での)驚異的な遅さ」って・・・
再びチャンプに言わせてしまったですねぇ・・・

ただただ、レーすりざるをと見て
「なんでぇ?」「ホンダなのに?」「スズカなのに?」

予選結果を見たときは、
まるでオリンピック・ソチ大会のフィギュアで
浅田選手がショートで大失敗しちゃった・・・
って時と同じ気分?だったのですが。

「いや、きっと、フリー(本戦)では全然違うやろ!」と。

浅田選手は
それは見事に「全然違う」だったのですが・・・

マクラーレン・ホンダ。
「全然違わなかった」ですね・・・

なんで、よりによって、スズカだけが
「どハズレ」になったんだろ。

うーん。
ただただ、クヤシイ、って単語だけ、ですね。

「この悔しさを来年は」という系統のコメントが
1日たって色々と聞こえてきていますが・・・
「来年は」じゃなく、片鱗だけでもいいから、
シンガポールやマレーシアじゃなく、
ここ、スズカで、ちらりとでいいから
見たかったですよねぇ・・・

だから・・・
なんだ、やっぱニッポン、ダメなのか・・・
ってなってしまわないか、が・・・なんか、ヤだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも。
「それ以外」の今年のスズカ。
久しぶりに、「スポーティ」なレース、でしたか?
まぁ、ヴェッテルのバンザイアタックはともかく・・・
(ああいうアホアホなのも、
レースにワンシーンと言えばワンシーン?)

中継で言及があって初めて「あっ!」だったのですが。
スタート直後、ハミルトンが「またしても」
やらかしたのに、
1コーナー~2コーナーではノートラブル。

その先のS字もノートラブル。
「混乱」はしたけど、大クラッシュ、マルチクラッシュが
なかったんですよね!

その先も、セーフティーカーは出なかったし、
リタイアもなかった!

そういうレース、ってむちゃくちゃ久しぶりなのと
違うかなぁ?

変な駆け引きでカミカゼしたり、
「戦略」とかで、レースをスポイルしたり・・・

そんなのが全然なかった、ってのは
実に喜ばしいことでは?

それが、今や「超・クラシカルコース」となった
スズカで実現した、ってのは
別な意味で誇らしいかも。

だから、なおのこと、優勝は無理でも、
せめてドラマを見たかったなぁ・・・
マクラーレン・ホンダ。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですねぇ。
他に「変わってしまった風景」と言えば・・・

やっぱ、「¥」なんでしょうね。
フジTVの冠が外れてもう数年でしょうが。
今年はエミレーツとハイネケン?
グリッドガールは全部エミレーツのCA、だったし。

そういや、90’sのバブリーな頃、って
フジTVがグリッドガールのオーディションして、
番組の中でセナ担当とかプロスト担当とか決めてて、
思い切りはしゃいでなかったっけ?

一方で。
ヨソのGPじゃ絶対見られないコスプレ!
これ、ニッポンの伝統なんでしょね。

これも中継で森脇氏が笑ってたけれど。
フェラーリの赤鎧とか。
(今年は真田ブームもあるから、なおさらかっ?)
手動DRS付き帽子とか。

ホント、映像で見るだけですが
どれもこれも手が込んでるみたいですよねぇ。
国際映像のディレクターも
スイッチングのやりがいがあったのでは(笑)?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とかなんとか、色々今年もあったスズカ。
普通にスポーツイベントとして
定着したなぁ、という安心感。

フジも冠外れたし。
そろそろ普通にスポーツニュースで取り上げられるためには・・・

やっぱ、マクラーレン・ホンダの「大活躍」でしょうね。

* そういや、復帰するときはNHKですら
一般ニュースでやってたもんね。

そろそろ、今度こそ?
サーカスに定住できる
ニッポン人パイロットが
出てこないかなぁ?

そう感じつつ見終えた、2016年のスズカ、
なんではありました。

見終えた翌日の今日、ホント秋晴れの綺麗なこと。
やっぱりスズカにはこういう秋晴れが似合う、
って思うんですよねぇ・・・
後は、紅葉がふんだんにあれば、かな?




タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.130 レプソル Honda RC213V '14 14130
タミヤ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.130 レプソル Honda RC213V '14 14130 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

1/43 マーチ ホンダ F2 812 中嶋悟 鈴鹿 F2 GP ウィナー 1981【417810237】 【税込】 ミニチャンプス [417810237 マーチ ホンダ F2 ナカジマサトル スズカ]【返品種別B】【送料無料】【1005_flash】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:△在庫僅少□「返品種別」について詳しくはこちら□2016年05月 発売【商品紹介】ミニチャ

楽天市場 by 1/43 マーチ ホンダ F2 812 中嶋悟 鈴鹿 F2 GP ウィナー 1981【417810237】 【税込】 ミニチャンプス [417810237 マーチ ホンダ F2 ナカジマサトル スズカ]【返品種別B】【送料無料】【1005_flash】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

■ EBBRO/エブロ (1/43) ホンダ シティ ターボR 1982 スズカ T.Boutsen #4 レジン (ホワイト/レッド) (44472)
渋谷模型 HOBBY SHOP @TOYS
本商品はお取り寄せ品の為、お届けまで約1週間かかります。メーカー問屋在庫がない場合は誠に恐れ入ります

楽天市場 by ■ EBBRO/エブロ (1/43) ホンダ シティ ターボR 1982 スズカ T.Boutsen #4 レジン (ホワイト/レッド) (44472) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック