時は流れる

世間さまでは10連休といいながら、
実は「家で過ごす」予定の人が多い、
という、いかにもな話やなぁ、と
それこそ自宅でゴロゴロしながら
思う今日このごろ、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

結構「10練習初日」あたりは
外国脱出組も多い、と
ニュースでやってましたが。

そりゃ、¥があれば行きたいところも
結構あるけれど。
でも結局海の外に行っても
オペラハウス、コンサートホール、
美術館、博物館ばっかだろうね。

でもって、例えばクリムトの絵を見たい、
と現地に言って見たら

「ただ今、ニッポンに出稼ぎに行っています」

って貼り紙がしてあるのよな。そういう時に限って・・・
(やーい。)


それから。今回の「連休」だけど、
今ひとつ「休みだッ!」って華やいだ空気でないのは、
やっぱり1つの時代が終わり、区切られ、
新しい時代が始まる、
という、ある種、日本人でないと分からない
空気があるんだろな。

ちうことで。
今日も先週に引き続き、文字通りの独り言。

ざらりと「平成」ってもんを振り返ってみましょう。
(でも駆け足で、ね。)

* 平成元年・1989年
実は(トシがばれるが)この時、卒論・試験まっただ中。
で、いくらなんでも象徴天皇が崩御された・・・ってことで
テストなんて、と思ってたのが大甘。
「ウチはキリスト教なもんで」というような理由で、
特に何の変哲も無く、普通に学校やってた気が・・・
(正直、それもどうか、とおもったけど。)
そしてまあ、なんとか卒業させてもらえました

* 平成2年
で職に就いたはいいけれど、そこが思い切り田舎のブラック。
マジ、あまりにも「ハラスメント」が酷いので(当時はまだ
そんな表現なかったろうな)、その会社を飛び出して
今の世界(知的財産権・当時はまだ特許という代表名称で
言ってた)に入りました。

* 平成3年
へ~、SMAPがCDデビューしたのがこの年ですかぁ。

* 平成4年
いわゆる就職氷河期はここからですか。平成17年まで続いた、か。

* 平成5年
この年は異常気象がすごかったのな。
で、北海道とかで大地震もあったり・・・
あの、奥尻島が津波で壊滅的な状態になった、ってあれか・・
そういえば。Jリーグが始まったのもこの年。
華やいだ印象が強すぎたのか、天災のことは
ついつい忘れてしまってたなあ。

* 平成6年
関空開港がこの年でしたか。当初はもっと違う未来図を
描いていたろうにねぇ・・・

そういや、関空開港前、ウチのあまおけが初めての
海外ツアー(オランダ)に言ったんだっけ。
個人的には深く印象深い出来事でしたね。
人生としても「初海外」だったしなー・・・
んで、オケの25歳のお祝い、でしたね。

* 平成7年
この年は、何と言っても、やっぱり阪神淡路大震災でしょう。
毎年記事にしてますが。
もう20年もたった、とは言え、1つの象徴的な天災だと
言えるんじゃないのかな・・・

この数年前、自民党政権が倒れて、
野党連合が政権とったけど、全然ダメダメで、
結局自社さ連合、という、
社会党が自殺するような行動を取ってしまった・・・

その矢先の阪神淡路。
政治不信、ってこのあたりから始まったのかもね。

そしてもいっこ。
地下鉄サリン事件は、日本でもテロが起こりうる、
ということで、景気・社会、そのあたりの
暗い空気感に強く突き刺さったな、って思います。

そして、Windows95が出たのもこの年なのな。
へー。(そりゃ「95」だからそうなんだけど。)

結構この年は「95」以外は良い話がなかったような・・・

* 平成8年
頑張ろう神戸でオリックスが日本一になったのが
この年ですか。
東京の「オペラシティ」もこの年に竣工した、と。
Yahoo!Japanのサービス開始もこの年、と。
んで、目出度く俺が2人身になったのもこの年、と。でへへ。

* 平成9年
プリウスデビューの年なのかぁ。
結構時間も過ぎたのね。
で、山一証券のアレもこの年、かぁ。。。
で、色々あって長らくお世話になった特許事務所をやめて、
新しい事務所に移籍したのもこの年だったか。

* 平成10年
この年はなんちゅうても長野オリンピックでしたかね。
で、この頃ネットが徐々に発達していった時期でもあったので、
事務所の自分のブースの中でこっそろネットニュースで
「あの競技どうなった?」ってこっそり楽しんでた記憶が。
で、明石海峡大橋ができたのも、民主党ができたのも
この年なのね。

* 平成11年
いわゆる1999年。世紀末ブームでしたなぁ。
ただひたすらノストラダムス。
今の子なんて、「だれ、それ?」なんでしょね。

* 平成12年
2000年。いわゆるWindows95系統が元?の
2000年問題、ってのもありましたね。
結局これも大丈夫だったようですが。
で、シドニーオリンピックでの高橋尚子と、
田村亮子。この2人のメダルは印象的でしたね。
それと、篠原良一。世紀の誤信、って、やつ。
でも今でもそれがネタになってるんだから。ある意味すごいかも。

* 平成13年
アッという真に森政権が生まれて終わり、
小泉純一郎政権が始まったのがここでしたか。
今こそ、小泉・竹中路線を振り返って検証すべき、
って思うのですが。。。
それにあやかったわけじゃないですが。
俺も、この年、再び特許事務所をやめて(当時つぶれそうだった=実際潰れたらしい)
もう2人身なんだし、「会社」という所に勤務しよう、と
再び転職したんだっけ。

* 平成14年
2002年。小澤がWPhのニューイヤーを指揮したのな。
でも、やっぱり「色々と」あったようで・・・

* 平成15年
この年、星野仙一監督のもと、トラさんチームが
リーグ優勝!でも日本一には・・・くぅぅ・・・・・・

* 平成16年
この年は異常気象でしたか。
って、実は平成、異常気象ですー、ってのが多くなかった?

* 平成17年
2005年。
先日もニュースでありましたが。
福知山線脱線事故・・・今思っても、あの事故現場の空撮映像は
凄まじいとしか・・・7両編成のはずが6両しかない、なんて・・・
(実はもう1両は文字通りぺしゃんこに・・・)
だのに、JR西は、醒めた頃にまた運転が荒くなって・・・ない?

* 平成18年
そっか、ホリエモンがライブドア事件で捕まったのがこの年ですか。
これ、小泉・竹中路線の1つの帰結な気がするんですが。
「法律さえ守っていればなにをやってもいい」という風潮、
この頃が絶頂期だったような・・・
(だからとっても胸くそわるかったですが。)

* 平成19年
丸の内が随分綺麗に整備されたのがこの頃?
新丸の内ビルディングがオープンした年なんでってね。

* 平成20年
2008年。もうこの年はリーマンショックに尽きるんでしょうね。
すでに日本では経験してたような、デジャブ感もありましたが・・・

* 平成21年
さすがにいつまでも世相は明るくならず、
そのためか、地滑り的に民主党が総選挙で勝って
再び政権交代が起こるものの・・・
それがその後ねぇ・・・

* 平成22年
案の定、ぽっぽ総理は駄目すぎて、アホすぎてアウト。
でも変わったのが菅直人。この時は「これで今度こそ」
ってヘンに期待してたら・・・

* 平成23年
2011.3.11。もうこれに尽きる年でしょ。
しかも、フクシマ。
自民党の当時の総裁、谷垣さんなどが
「政党がどうのこうのじゃない、挙国一致体制で
乗り切ろうじゃないか、協力は惜しまない」
と言ってたのに
「そう言って政権を乗っ取るつもりにちがいない」
と思ったのか、どうなんだか、
協力を全部断って・・・
挙げ句、今でもこの悲劇は尾を引いていない・・・
これで、民主(野党)連中に政治任せるのは駄目だろ、
ってなった気がしますね。

でも忘れたくないのが、その直後の女子サッカーW杯での優勝。
これはもう、猛烈に感動しましたね。
あぁ、スポーツっていいもんだ、って心底思いました。

* 平成24年
とうとう、政権は自民党に戻り、民主党は300議席超から50議席程度に。
ま、そらそやろな。でもその勝ちっぷりが、また問題になるんだろな、
って思ってはいましたが・・・

* 平成25年
安部・菅ラインはこのあたりからずっと続いているのか。
そして「お・も・て・な・し」クリスタルもこの年?
もうそんな昔でしたか、東京オリンピック。
それがもう「来年」の話だもんねー。

* 平成26年
笑っていいともがおわって、STAP細胞事件があって。
「カープ女子」もこのあたりからですか。
いいなー、楽しそうで。。。(トラさんチームのバカ・・・)

* 平成27年
そうそう。この年、元旦から大雪になって、
京都市内、街中でもめっさ積もったんだっけね。

* 平成28年
うーむ。このあたりにくるとそれなりに
記憶もそこそこ。
天皇陛下のビデオメッセージはこの年だったんですね。
そういや、陛下のメッセージに対して「左」の人がとやかく言うならともかく、
「右」の人が批判めいたことを口にする、なんてのは
一体どういうことか?と思いましたねぇ。

* 平成29年
この年は、ひふみん引退、藤井聡太の登場、羽生善治氏の永生七冠、
って将棋が来た、って感じですねー。
そか、稀勢の里が横綱に・・・・・やっぱりあのあとの無理がたたったのが残念。


* 平成30年
ここはもう、カーリング、そだねー、でしょうな。
でも、案外去年あったこと、なんてわすれてるもんで。
カメラを止めるな、グレーテスト・ショーマン、ボヘミアン・ラプソディ・・・
映画だって、まだ半年~1年なのに、もうBD・DVDが出てたり。。。

* 平成31年
そして4月1日に「令和」が発表されて、きっと厳かに「時代」が移るんでしょうね。

グローバル化とか、世界の中の日本、とかいう視点で、
これを機会に和暦なんてやめてまえ、って声もあるそうですが。

平成の始まりは、昭和天皇の崩御、という
ほぼ日本人の大半が未経験だったこともあり、
今よりももっと激しく和暦廃止論があった気もしますが。。。

俺、和暦くらいはあっても良いんじゃ無いの?
1つくらい、日本ローカルがあってもええやん?
って思うんですよねー。

「昭和の時代」「平成の時代」って言われると、
なーんとなく「日本人に「だけ」わかる」空気感、ってのが
あるんじゃなかろうか、と。

そういう「日本的」なもの・・・
やっぱりいつまでも残って欲しいなあ。

ということで。
令和になるまであと1日少々・・・

きっと平成は「戦争はなかったけれど、
自然との厳しい戦いが繰り広げられた時代」
「日本がより世界に門戸を広げた時代」
ってことになる・・・のかな。

でも戦争がなかった、ってのは
身勝手でもいいことだ、と思いますね。

令和の時代・・・ドンパチやりたがってる連中も
いるようだけど。
そうならないための「政治」ってないもんだろかね・・・

平成天皇、皇后、両陛下には、ただただ、
30年間、ご苦労様でした、と日本の隅の方で
ひっそりと御礼申し上げたく思います。

令和、良い時代となりますように。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック