EP9・ふたたび。

こなた、京の地では年が明けての1カ月、
ついぞ雪は降らずじまい(一応気象庁的には
しぐれがあったの?京都で初雪観測、って言ってたけど)、
この分じゃ、今年の夏は猛烈に暑いんだろうか?
それとも、暖冬の後は冷夏、っていうくらいだから、
案外涼しかったり?とまぁ、なんだかこの先は
考えてもしゃあないわ、とりあえずは
当面の生活を考えなきゃね、
とある種開き直ってしまっている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

とまぁ、マジで冷夏になって、
去年の酷暑はなんだったんだ?
みたいな展開になると、きっと
マラソン、やっぱり札幌止めて東京でやろう、って
大会期間中に急遽方針転換・・・
なんてことにならなきゃいいけれど。

やっぱりIOCのような、世界連盟って
原則欧米中心なのな。
それ以外のエリアは、いわば「名誉会員」的な
ものなのとちゃうのかな。

だいたい、競争競技のFinalが午前中、とかさー。
開幕時期だって、7月下旬から8月中旬まで、
ってのはアメリカのプロスポーツが基本お休みだから、
ってんじゃねぇ。。。

それと、毎回毎回「史上最大の参加人数」「参加国」
「採用競技数」って増える一方。
こうなったら、そろそろ1都市開催じゃなく、
W杯みたいに、1カ国開催、ってしないと
もう「開催出来る年」って決まってくるんじゃ、ね?

まぁ、ロス、アメリカ東海岸のどっか?、ロンドン、パリ、
そのあたりで回しちゃう、とかね。

とにかく、オリンピックもすでに100年を超えたし。
そろそろ立ち止まって振り返るべき時期なんじゃ、ね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんな、で今日の備忘は先週に続いてアレ。
1988オリンピック・ロサンゼルス大会の頃には
すでに最初の三部作が終わってた、というあのシリーズ。

そう。EP9のアレ。星間大戦争。
先週に続き、まだまだ不満が募ってきたので、引き続きの備忘です。

これ、EP3が終わってからフォックスがでずにーに
買収されて、買収の目玉としてEP7を作ります、
でもルーカスはスタッフには入らない・・・・

その時点でもうわかっておくべきだったんだろね。

この度のEP9で一応シリーズ終結、とのこと。
都合42年?え?オリンピック活動の半分ほど?

そう思うと、結構シリーズとして続きましたよねぇ。

でもEP7~9を見て、やっぱりこれは
ルーカスフィルム公式認定の外伝、って位置づけが
一番すんなりおちました。俺としては。

だってねぇ、こないに沢山の「未回収ネタ」
残したまんまじゃ、ね。

え?それを次のEP10~12で解決・・・・

この話、EP6とEP7をほぼ隣接させたのが
よろしくなかったような気がするんですよね。
だってねえ。
EP1~3とEP4~6、って設定的に確か約20~30年?
でも登場キャラでモロ被り、ってのはドロイド2体でしょ?
あとはオビ・ワンとヨーダ師匠?

メインキャラは全然違ってるし。

でもEP4~6とEP7~9は、
やっぱり20~30年の間を置いているのに、
EP4~6の3人が登場しちゃってるっしょ?

なんで帝国が「破産」で消えたのに
すぐに「ファーストオーダー」が登場して
事実上帝国が復活したのか、はわかったけれど。
(それも劇場販売のパンフレットを読んで初めてわかった。)
それもなんか、弱いかなぁ。。。

でずにーも冒険できなかったのかな。
EP7~9のホントの主人公は「レイ」なんだろうけれど、
それを取り巻く人々が拡散しすぎてた、かな。

それと、一番・やっぱり気に入らなかったのは
予告編の「思わせぶり」ね。

そんなことしなくても、いまや王道スペースオペラ
なんだから。
もっと違った宣伝も出来たろうに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまぁ、色々グッチー書きましたが。
それだけ気になってたシリーズ、
好きな作品だった、ってことでご勘弁を。

まず格別だったのは音楽。さすがにEP7~9は
合作だったようですが。
多分、小松左京と弟子とで共同執筆した
小松左京の最後の方の作品群みたいに?
ウィリアムズがある程度旋律を完成させて、
ラフにオーケストレーションをして、
あとは弟子がそれを完成させる?

思い切りワグナーの手法そのまんまなので、
これ、音楽だけ聴いたら「ほおおおお???
そんなところに「隠しネタ」があったとは?」
なんての、沢山見つかるんでしょうね。

でも最初に1回みただけじゃ、話を追いかける方に
気が行ってしまって、よーくわからんかったのが残念。

まあ本来映画音楽、って映像・ストーリーを邪魔しない、
てのが本筋なんでしょうが。
この作品の場合は、映像・ストーリーに音楽が重なって
初めて完成されてるようなもんですからね。

ウィリアムズも実際いいお年だろうし。
スピンオフは殆どタッチしてないようだけど。
とにかく、シリーズ完結まで活動してくれてて
ありがとうございます、って所かな。

もう「手の内」はわかってるので、EP1~6の時のような
驚きと感動は薄かったけれど、けどやっぱり節回し?が
「うーん、さすがJ・ウィリアムズ」って感じはしましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。その他。EP9。よかったなー、ってのは
やっぱり何と言っても「お姫様」でしょう。

もう舞台中でも「おばあちゃん」になってるのに、
いつまでも「プリンセス」ってのは
周囲のある種の尊敬?畏敬の念から?なのかな。

* でもEP8から9の間に何があったのか、
それはパンフレット読まないとよくわからない、
というのはシリーズ中でもあっちゃならんことだったんだろうけれど。

キャリー・フィッシャーも天国でびっくり、
だったんじゃないのかな。

自分が出演者ロールのトップに来てるなんて!
でも、確かにJJの言う通り、レイア姫がいなければ
このEP7~9は完結しなかったろうな。

だから見終わって一番ビックリだったのは
キャリー・フィッシャーの復活(?)ですよね。
説明では、特殊メイクやモーションキャプチャを使う、
等の手法は一切採っていない、今までの撮影フィルムの
アーカイブの中から選んで使った、って説明ですが。
そないなことが出来るなんて!
実際、相手さんもちゃんと演じてたし。
まるで急遽交番=撮影やりなおし、ってもんじゃなかったろうし。

それこそ遙か未来なんだろうけれど、
こういう場合は「AIひばり」みたいな形で復活させて、
敢えて本番のフィルムに埋め込む、なんて芸当も
出来るんじゃないのかな?

実際、EP1~3のジャー・ジャー・ビンクスは、
俳優が演技している、とは言っても、
全身CGで覆い隠して、あのキャラにしてたわけっしょ?

過去のアーカイブから取ってきた、といっても
EP7と8しかネタはなかったはず。
やっぱり、スクリーンで何の違和感もなく
レイア姫がそこにいる、というだけでも感動でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、これはカメオになるの?
エンドロールに名前無かったみたいだけど。
ハン・ソロがレンを諭す・・・虚像であった、
ってことなんだろうけれど、出てきたときは
「おおぅ?もしかして全員出演か?」って
一瞬期待してしまった。
エンド近くで、今までのジェダイの騎士達とか、
ヨーダ師匠とか、
全員ホログラム状態(フォースと一体になった状態)で
ずらりと登場するのか?と期待したけど、
さすがにそこまでベタはしなかったか。

でもラストシーン。なんでレイはタトウィーンにいたんでしょうね?

それから、それなりに?だけど、フィンと同じような元・トゥルーパー
がいた、というのも、なんとなく「よかったね、フィン」と
思ってしまったり。
そういや、キャプテン・オズマもきっと最後まで出るんだろうな、
って思ってたらEP8であっけなく・・・だったから、
一体どういう存在だったんだろう?って思ってたけど。

トゥルーパーが(何らかの理由で)クローンから人間(ヒューマノイド)
に置き換えられたからこそ、のことなんだろうけれど。
女性だって戦闘兵になってるのが普通だった、ってことなのね。

フィンの隣にはぜひローズちゃん、って思ってたけれど。
これまたEP8で結構叩かれたから?案外出番がなさすぎで
ちょぴりツマランかったかも。

マーク・ハミルはよかったですねぇ。
やっぱりこの人のキャリアは常に「ルーク役」ての「だけ」がついて回るんだろうけれど。
それだけでも充分ではないかしら?!

あのあたりの話はEP5へのオマージュだったんだろうけれど、
ちょっと本が宜しくなかったのかな。
まるまる「パクリ」とすら見えるのは残念。
でも、あの「若造」だったルークが、ヨーダとまでは行かないにしても
オビ・ワン的な存在でレイを導く、という話も
どことはなく「くり返す歴史」を連想しましたな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで。
でずにーの割に全然前宣伝を積極的にやってなかった、
ってことはそれだけ集客に自信アリ、ってことだったんだろうけれど。

ホントにこれでオシマイにしてよね。
あとは、全部スピンオフシリーズにすりゃいいじゃん?
今度はオビ・ワンが主役になる、っていうし。
(マクレガーもたいそう喜んでいるのだ、とか。)
でも「若かりし頃」のオビ・ワン・・・マクレガーはそれなりにトシ取ったろうし。
どうなるのかねぇ。


なにはともあれ。
スターウォーズ。
ホントに、ホントに、これでオシマイよね?
始まりがあるモノには必ず終わりが有る、って言うし。
でも完全に世界が共有する「現代の神話」を作り上げたルーカスは
ただただ、それだけで凄いモノ作ったんだなぁ、と思いますね。

でもでずにーのことだから、
きっとこれ、どれかがミュージカルになるんじゃ、ね?

はたまた、ワグナーのリング並みに、オペラに再編される、とか?
(実際、全編オペラにしたら、リング並みに4日間を要する作品になるのかも?)

本編はここまで、ってして、あとはそれぞれが余韻を楽しむ、
それがいいなー、って今は思ってます。

それと、自分がライブで全編を見られたこと、
これも凄く幸運なことだっただろな、と思いますね。

それか。まさか、とは思いますが。
EP4~6をリメイクする、とかね?
あたかも、手書きセルだったヤマトが、CG使いまくりで
すっきり見やすくなったヤマト2199みたいに?

映像技術もドンドン進んでますもんね。
でもリメイクしたとしても、そこにはやはり
マーク・ハミルとキャリー・フィッシャー、そしてハリソン・フォードが
いてほしいな。
当然、C-3POとR2-D2,そしてチューイも。

なんだ、それじゃ、最初と一緒じゃん・・・
やっぱり神話に「代役」は立てられないのな。

さて、そうこう言ううちに、年末になればEP9もオンエアされるだろうし、
そしたら、一気に全編見ちゃろうかな。

全編見たら、また新しい何かが見つかるかも、ね。

なんだかんだ言って、やっぱりこういうの、好きなんだわ。俺。
ホントに、スタートレックと並んで、スターウォーズも
人類共通の伝説になったんでしょうね。

100年後?1000年後?
当時の人類ではこういう神話がありました・・・ってことになるのかな?ふふ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント