「今年の」50年に1度

先週?いや、そのもう少し前から?
梅雨・梅雨前線、停滞、線状降水帯、
河川氾濫・決壊、土砂崩れ・・・・
もう考え得る限りの災害が
ワンセットで特に九州に居座って
もうかれこれ1週間?
という事実に改めて驚く今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

弟@オケは九州出身で。
そういや、会社の(数少ない)気心置けないヤツも、
学生時代からのホントの弟のようなアイツも、
どういうわけか、みんな九州出身で。

そんなこんな、でつい他の地域よりもTVニュースに
見入ってしまう俺なのですが。

こうも酷いのが続くともう言葉もなくなるばかり・・・

被害に遭われた皆様には
心よりのお悔やみを。
1日も早く、元の生活に戻れますように・・・
と言いつつ、本当に戻れるんだろうか?
と、全く関係ないくせに、エラそうに言うんじゃねぇ!
って言われちゃいそうですが・・・

ここ数年の、特にこの時期と秋、ですか。
毎年どんどん「雨」が酷くなってません?
個人的な印象としては2010年代に入ってから、
なのですが。

気象庁も従来の単純な大雨警報とかじゃ
もう危機感伝わらなね、もっと分かりやすく・・・

って、注意報で「黄色」、警報で「赤色」、を使ったもんだから、
「特別警報」は紫色?
でもそれがかえって予報の細分化になったか?
今度はレベル1~5の評価になったけど、
すでに、もはやどれを言われたらなにをすれば良いのやら。

予報を出す気象庁も、それを伝えるメディアも、
一度整理してほしいですね。
伝える側がすごく心で「アブナイから逃げろ!」と
叫んでいるオーラは感じるのですが。

でも、先日ニュースで熊本だった、かな?
で被災された人がインタビューに答えていたけれど。
「数年前、50年に1度の大雨、って入ってたのに
あれから50年もたっていない(たった2~3年)はずなのに
また50年に1度、って入ってる!?
毎回50年に1度って言われてももう信じられない」
と泣き叫んでいた姿が妙に焼き付いてしまっています。

この10年に1度、50年に1度、100年に1度、
って表現はそれだけ「おそろしいぞー」ということの
裏返しなんだろうけれど。

受け止める側が怠惰で素直に避難しないから、という
側面もあるのだろうけれど。

けどね、さっきの5段階評価じゃかえって混乱するし、
10年に1度の大雨、ではすでに俺は鈍感になっちゃってるし。

なんで毎年、こんな大災害を起こす豪雨が発生するように
なったんだろね。

もう地球温暖化とかじゃなく、すでに地軸がずれて
日本はより一層「亜熱帯」に近づいた、とか?
(EVAの世界?日本は常夏の国になってる?)

そう思いたくなるほど、毎年のように「ことしは
異常気象で」ってナレーションが流れるけれど。

「異常気象」も毎年起これば「異常」じゃないんじゃ、ね?
って恐れおののくばかり。

そういや、シベリアで38℃を記録した、って?
でもって、溶けた「永久」凍土から昔生息してた生物の
氷付け標本が出てきたのは良いけれど、
同時に「炭疽菌」も解答されてしまった、とのこと。

新コロも怖いけれど、それに加えてサハリン肺炎なんて、
もうヤダよー。

それから水害への備え。
こればかりは、地震同様、日本の河川をまとめたマップ使って
アーダコーダと議論しておられるようですが。

でも地震対策レベルで水害対策をやってたのかな?

そういや。
最近の国営放送局じゃ、データを細密化して、
河川の反乱の状況、みたいなのを示してるようだけど、
(この図を見ると、日本列島ってホントに毛細血管が
張り巡らされた土地、って感じしますね。)
もうここまで毎年「50年に1度」の大水害が起こるなら、
該当区に住んでらっしゃる方には大変申し訳ないけれど、
「別の場所に安全な箇所を築きますから、そちらへ引っ越して
下さい」と役人の幹部クラスが頭を下げても
ええのでは?

とにかく、もう「異常」が「異常」でなくなってるもんね。

如何に四季の移ろいに彩られて、
瑞々しい風景画そこかしこにあるニッポン。
でも今やその姿も凶暴化してますもんね。

去年、19年のNスペでしたか。。。
パラレル東京。
「今」あれが現実に起こったらどうなるんだろうね?
首都直下型大地震+100年に1度の豪雨+パンデミック

なんとなく?
今の政権だとただやるだけやって「あとはおまかせします~」
ってキレイ後並べて自分達はとっとと東京脱出?

でも、毎年10年(50年)に1度の
今まで経験したことのないような大雨になるので
皆さん警戒をおこた割らずに・・・
と言われてもなぁ・・・・

ピンと来ない自分が時々鬱陶しくなったり。

アレ(ドラマ・「パラレル東京」)を見た人でも、
今回のパンデミック+大水害、
どうやって切り抜けたらいいんだろう?って考える方
はきっと多いと思い舞うよ。

あのドラマの最後の主役の長台詞はなかなかのもんでした。
「大切な貴方の大切な命を守るために貴方を大切に思う人が
助けに来ようとしているのに、その貴方を大切に思う人の
大切な命がなくなってしまう。だから今すぐ逃げて!」
ってな感じでしたかね?

ここ数年の「10年・30年・50年に1度の大雨」
が引けた後の被災された人達のご意見って、だいたい
「こんな急に増えるとは思わなかった」
「風が出ていないから避難せず様子を見よう!」
 とかなんとかで「もう少しで/判断を誤ったままだったら」
自分の命はなかったのだ、というのが一番自然に思える。。。
俺も正直「自分の住むあたりはいくらなんでも・・・」
っておもいますよね。
でも8年前、特別警戒警報が創設されて早速・第1号が
適用されたのがもう7年前の俺が住んでいる所・・・

ホント、災害ってどこから襲いかかってくるだか・・
 
新コロはもうすぐ半年?
新コロのニュースが新聞のTopに来なくなったら
ある程度大丈夫なんだ・・・と思ってましたが、
ところが、別の大災害が発生したからって!!!

最初のころは、たかが「新型インフルエンザ」
なんだから、と随分お気楽な対応だったと覚えていますが。
例の専門家会議を都合良く使ったのかな?
即ちこれ以上の専門家会議はある意味不要だ、
みたいにいわれた日には、もうね。
で、スピーディーな決断、ってのが約2カ月かかったりとか。。。

だったら、専門家が広報の専門家と組んで
常時現状を知らせる、それくらい
してもらった方がまだマシな気がする。

なんであれ。
豪雨、新コロ・・・・・
怖がりすぎるのは良くない、というけれど。
全く自分は大丈夫、ってのは違うだろうし。

俺みたいな小市民なんか、もう難しいことは
どうでもいいから、ごくごく普通に過ごさせてくれ、
ってことだけが「ささやかな夢」なんだが・・・

天気に会社にオケに・・・
みんな、普通じゃあかんのかな?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント