uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017シーズンのF1/折り返し点

<<   作成日時 : 2017/07/31 13:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

梅雨はとっくに明けたはずなのに、
今年も例年通り
梅雨が明けてから猛烈に湿気て、
なおかつ暑い、いや、熱すぎる日が続く今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まいどまいど、の
「今年の夏の天気はおかしいですね。」だけど。
今度こそ、マジ、ヤバく、ね?
「50年に一度」の「局地的豪雨」が
全国至る所で発生したり。

九州北部なんか、4年の間に2回も
「50年に一度」の豪雨に見舞われて・・・
サンゴだって様子が変、って言われてるし。

ホント、日本国はもはや一昔前の東南アジア並の
「亜熱帯気候」に鞍替えしちゃったのかな。
だとしたら、「乾期」「雨期」ってのも
発生するんだろか、ね・・・
(ま、梅雨が「雨期」と言やぁ、そういうもんだろうけれど。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そんなこんな、な
未だに梅雨っぽい今日この頃。

F−1の2017シーズンは折り返しになりましたね。
数年前?もう10年くらいになる?に導入された
「サマーバケーション」。
確かに隔週で世界各地を転戦してりゃ、
所帯持ちの関係者、特にチームメカニック、なんざ、
たまったもんじゃないでしょうね。

そういう場合、やっぱり「同業者」で結ばれるんだろか?
ヽ(^。^)丿

まぁ、俺がはまり込んだ頃、1980年代後半〜1990年代、は
まだ全16戦くらいだったか、と。
なので、どこかで3週間ほどのインターバルがあったのと
違うかな?

でも商業的要請、とかで、どんどんレースが増えていって、
あげく、シーズン中はほぼ隔週でレース、
んでもって、レースの合間は「チームテスト」って・・・

文字通り世界を股にかけたサーカス、だったですよね。
でも他方、やっぱり「非人道的」「ブラッキー」なことも
確か・・・だったでしょうねぇ。

ホント、好きでなきゃやってられない、
でも、根っこは金持ちの道楽・・・?

そんな華とテクノロジーと人間くささ、とが同居しているから、
やっぱり惹かれちゃうのかも、ね。F−1。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とは言うものの。
2010年代に入って、随分と、色々とぐらぐらしてた、
って印象もありますが。
やっぱ、リーマンショックの後遺症?
それに、世界的なエコロジーの要請?
それが転じてE−フォーミュラ、が創設されて、
まもなくドイツのメーカーは全部これに参戦する?
って話も。

オマケに、ここ数年、走る前から結果が分かってる、
って印象が強まっただけじゃなく、
いつしか日本人ドライバーが排除されちゃった、
っていうのもあって・・・

なんだか、この数年、楽しさレベルが緩やかに
右肩下がりになってた・・・かも。

それに。
確かにこのご時世、
石化燃料をガンガン燃やして
スピード比べする、ってのは
何かに反しているのかもしれないけれど。

でも、純粋に「その楽しさ」を一度知ってしまったら、
中途半端に「エコロジー」が入ってくるの、って
なんだか、違和感覚えるんですよねぇ。

又は。
エコロジーをうたいあげるなら。
そしてメーカー主導となった(ように見える)今のF−1なら、
色んな制限を取り外して、
各社独自に進化させられる、
そんなエンジン、いやさ、パワーユニットを
開発できるようになればいいな・・・と思ったり。

ともあれ、もっと単純に「早いもの比べ」
が見られたら、またオモロイなー、って思える時代が
来るのかなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、ここ数年感じていましたが。

今年は?久しぶりに?
なんだか、レースな感じがちょびっと戻ってる・・・かも。

それこそ1988年〜89年のように、
マクラーレン・ホンダが突出してるけれど、
そのパイロット二人/A・プロストとA・セナ、のように
とんでもない才能が
とんでもないレベルで競い合う・・・
って姿ならまだ許せたけれど。

ここ数年は、やる前から「どうせ、メルセデスでしょ?
ハミルトンなんでしょ?」って感じでしたもんね。
その前は、「レッドブル・ルノー/ヴェってルで決まりなんでしょ?」
でしたよねぇ・・・

でも去年、ニコがようやくチャンプになって、
さあ今年!と思ってたら、いきなりの?引退劇。

だから今年もまた、ハミルトン・メルセデスの「一強」なのかな?
って感じで斜めに見ていたのですが・・・

いやいや、今年はフェラーリが久しぶりにフロントに戻ってきて?
メルセデス対フェラーリ、っていう「チーム戦」も見られそう。
そこに、レッドブルもからんできて、3強?
いや、現状だと2.5強?

でもそうやってチーム戦が見られるようになったのは、
今年のでっかいポイントじゃないかなぁ。

ただ、やっぱり今や「ワークス」なんでしょね。
レッドブルも事実上ワークスだったけれど、
一度ルノーが大ハズレやらかして
オーナーと険悪になって・・・
それ以来、ルノーはワークスでも参入してきて・・・

でも、ルノーワークスはまだ浮上せず。
レッドブルは、エンジンバッジを付け替えての参戦・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

哀愁、っていうなら、それこそもっと昔、1980年代の頃のように、
レース屋さんがエンジンを買い付けて、自分でシャシー作って、
それでレースに参加して・・・

そんな時代がよかったのかも、ね。

ウィリアムズしかり、マクラーレンしかり。
ベネトンとか、ジョーダンみたいなチームもあれば、
ミナルディ、といったチームもありましたよねぇ。
でもって純粋ワークスとしてのフェラーリが存在していたので、
やっぱりフェラーリは格別、って感じだったんですよね。

でも、今やそういった「ガレージ屋さん」は殆ど勝てない・・・
マクラーレンなんか、メルセデスがワークスになって、
自分達がカスタマーに格下げになって、それで勝てなくなって・・・

って、なんか、責任を全部外に押しつけるような状態になってましたもんね。
まぁ、ロン・デニスのプライド、なんだろうけれど。

なので、メルセデスがワークスで戻ってくる前の夢よ、
もう一度!ってことで
ホンダと手を組んだんでしょうが・・・

今のホンダさんと、80年代のHONDAさんと、
全然スピリッツが違っちゃった・・・のかな。

第2期の頃なんか、HONDAエンジン欲しい!でも高すぎる!
って声ばっかだったはずなのに・・・

今じゃ、HONDA?別にイラね、とか。
一度供給契約を結んだはずが、1ヶ月と持たずにご破算になったり。
あげく、マクラーレンも、ホンダをお払い箱にしたがってる?

うーん。落日、ってのはこういうのを言うのかな。
単純に、ニッポン人として悔しいけれど。

どーにかならんのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。すっかり忘れてた。
前半戦?折り返しまで来て・・・ですが。

チーム戦が見られるようになったのはいいなー、と。
それから、バーニーがオーナーから降りて、
アメリカ系資本がオーナーになった?とのこと。

なんだか、ショウアップしようとしてるのはわかるけど、
妙に、ユーロピアンの中にアメリカンを埋め込もうとして、
ちょっと寒いかな?と思わないでも無いけれど・・・

スペインGPだっけ?
憧れの・大好きなライコネンがスタート直後のクラッシュで
もらい事故=速攻リタイア、って瞬間に
号泣してた「ファンの男の子」・・・

レースも佳境にさしかかった頃、
いきなり、レース最初のクラッシュシーンのリプレイと
号泣する男の子のどアップが流れて・・・
川合氏も「え?この映像なんで今頃もう一度リプレイ?」
って言ってたら・・・

カメラが切り替わって、フェラーリのホスピタリティで
ライコネンに抱きしめられてる、号泣してた男の子。
すっかりご機嫌さんで、ライコネンの膝に乗っかってたり?

なるほどねー。
こういうのは、いかにもアメリカンな「おもてなし」かな、と。
今までだったら「子供と言えど、金払ってなかったら
パドックに入れるまじ」って感じでしたもんねぇ。

じゃ、俺もフェラーリのショップの前で
号泣してたら「しゃあないね。じゃ、中には言って良いよ〜。」
って中に入れてくれないかなぁ。

ともあれ。
前半戦で一番気に入ってるシーンです、これ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、やっぱりマクラーレン・ホンダ。
やっぱ、気になっちゃうっしょ。

で・・・
2017年シーズンイン直前までは・・・
3年目なんだし!と思ってテストレポート見たら・・・

え〜?・・・・・もしかして、大ハズレ・・・?

で、シーズンインしたら・・・
こらアカンわ。ちょっと酷すぎる。2015年に逆戻り?

で、案の定、マクラーレンからホンダ切りの噂が。
でもそのマクラーレンだって、
ロン・デニスの反乱を鎮圧、
追放・・・って。

ホンダに足かせはめてたの、ってそっちじゃないよ?
と思い出したらダメなんですよね。
具合が悪くなると、
お互い「あっちのせい」って責任押しつけ合って・・・

そうやってダメになる組織、ってごまんとありますもんね。

でも、前半戦も終わりに来て、
スペック3?とやらにバージョンアップして?
ようやく、ルノーワークスとは勝負できるレベルに?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イギリスGPでのQ1でのアロンソ、
あれはもう見事でしたよね!
タイムで最下位から一気にトップ!
しかも、タイミングがバッチリ。
あと0.1秒遅れてたら全部がパー、ってタイミングで、
ちょいぬれ状態な中、
一人ドライ(スーパーソフトだっけ?)で
一人ステージ!

きっと、鬱憤溜まりまくりなんだろね。
だから、モナコをキャンセルしてインディに行ったんだろね。
(モナコの時の、バトンとの電話?会話?あれはよかったし、笑えた。)

でもその溜めた鬱憤を晴らし始めたのと軌を一にして?
ハンガリーではようやくレースらしいレースだったようで。
(まだ文字でしか追いかけられてないの・・・)

そのハンガリー、アロンソ、69/70週目でFL?!
そら、趨勢が決まってる・・・ってこともあったんだろうけれど。
なんか、率直に「ドライバーのすごさ」って感じましたね。
それが「HONDAエンジンのすごさ」ってちーとも感じられない
自分には、正直がっくり・・・でもありますが。

むかーしみたいに、ポールポジションとファーステストラップには
それぞれポイントつく、とかあればいいのになー。
(ついでにQ1、Q2のTopにもポイントつければ?)

しかも、ヴァンドーンも10位で、ダブル入賞。
ホンダ参戦前の期待値からすれば
全然まだまだ、なんだけど・・・

これで気持ちよくサマーバケーションに入って・・・
再開されるスパは、多分エンジンパワーがなさすぎて
乾いた笑いしか出ないダメダメぶりなんだろうけれど。

でも、ほんのちょぴり、「良くなるのかなぁ?」って思えた
ここ数戦のマクラーレン・ホンダ。

どうか、この先は、もう二度と無様な姿を見せないで欲しいね。
スズカで、首脳陣御臨席の前で
「GP2!!!!」って叫ぶ・・・
あんな醜態、二度と見たくないし、聞きたくないもんね。

1ヶ月余りのサマーバケーション。
さて、8月末、どうなりますやら。
ちょびっと、楽しみ。

いいなー、俺も給料分はとっくに働いたし、
1ヶ月余りのサマーバケーション、くれない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2017シーズンのF1/折り返し点 uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる