uta's world SideA

アクセスカウンタ

zoom RSS 4年に1度の・・・今回はどうなんだろ?

<<   作成日時 : 2018/06/11 13:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

数日前に梅雨入りしたものの、
その後「梅雨っぽい雨」がさほど降っていない、
という例年通りの滑り出しを見せた
今年の梅雨入り、皆様いかがお過ごしでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とは言っても、今年は早速台風が来てるんですってね。
でも南海上を東進しているだしいし、
本州上陸なんてこともなさそうなので、
まずは台風よりも陸上での大雨・突風が怖い、
気をつけよう、ってことになるのかな。

でもま、いつものことですが。
台風はまだ「進路予想」ができるけど、
地震は予想できへんもんね。

* そういや、昨日、再び走行中の新幹線の中で
事件があった、とのこと。
例によって改札チェックを厳重に、とか言い出すけれど、
それやるんだったら、在来線も全部やる必要があるんじゃ、ね?

それに、新幹線って(ここが一番スゴイと思うのですが)
16両編成でしょ?他のやつ、って10両とか6両とか・・・
その程度の車両で少ない人数で本数もそうなければ可能なのかもしらんですが。

やっぱり、ニッポンの新幹線って、ちょいと違うもんね、そういうのと。

だから、これもまるで「走行中の新幹線」で生じた「通り魔」みたいな
印象も。

この事件でご不幸なことになられた関係者の皆様には、心からの哀悼を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、予測不可能、といえば?!
いよいよ、ワールドカップ
いよいよ、あと3日(今日は11日・開幕は14日)。
ニッポンの初戦まであと1週間(18日)!

わーい!始まるぞー!・・・・・・・・・・・

という台詞が、なにゆえ今年・今回はここまで虚しく響くのか・・・

そりゃ、ここまで来たら応援する側も
今に至って色々ケチつけるんじゃなくってさー。
まずは応援することが肝心で、
「いろいろ」なことは終わってからやればよろしい・・・

ってことなんだろうけれど。

相変わらず、日本の各種スポーツ統括協会では問題が。
アメフトとか、大相撲とか。
バスケなんかは、ようやく積年の問題を強権で解決して、
気がつけばめでたしめでたし、って。

でも、そんな中、さすがに野球とフットボールは・・・

って思ってたら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちうことで。今日はW杯・ロシア大会を目前にしての備忘(ひとりごと)です。

そもそも、昨今、ちうか、もう数年になるのかな。
スポーツジャーナリズムもかなり大手さんは劣悪になってきてる印象が。
なので、ますますフリーランスの人々の投稿に目が行くのですが。

エッチゴ氏を筆頭に、思えばこの4年間、JFAの体質?方針?
随分指摘されてたはずなのに、なんとなく、ゆるーく、4年間が過ぎてしまった感じが。

4年前?当然、ザッケローニ時代の、ブラジル大会の、アレですよ。

あれに限らず、98年のフランス大会以後、「4年区切り」での総括は
JFAとしてやってるんだろうけれど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jリーグの100年計画とまではいかないにしても。
川淵氏が50年でW杯優勝に絡めるチームに、って方針だしたはずなのに
その後、4年事にコロコロ変わってる、って印象なんっすよね。

まぁ、フランスで世界を知って、
日韓で厳格なレッスンを受けて、
・・・まではまだよかったんでしょうよ。
とにかく、フランスを見習って、って方針は見えてたわけで。

でも、そこにあまりにも自由がなさすぎ、ってことで、
ジーコを迎えて「自由」をコンセプトにしたら、
これが大ハズレ。
「freedom」と「liberty」、どっちも「自由」なのですが。
「自由」には「責任」を伴う、ってのが分かってたのは、
多分、ヒデちゃんとツネさんくらいだったんじゃ、ね?

で、そこで規律と「考えること」をその上に植え付けようと、
I・オシムを迎えて・・・

百歩譲って、そこまでは良しとしましょうや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今でも、I・オシムの完成形、って見たかったなー、って思いますもん。
でも、さすがに脳卒中?でしたっけ?になっちゃったら、
そりゃいくらお願いしたくても、
本人がその気でいても、
そりゃ周囲がストップさせなきゃダメでしょうに。

* それをやらなかった、オザワのスタッフ・・・
オザワの今を見れば、オシムの周囲は賢明でしたよね。

で、そのあたりから?派閥抗争?反川淵?反国際主義?
でもって、再びリリーフ登板で岡田氏に。

その時点で、JFAの考え、方針、ってのが見えにくくなってきたんっすよね。
個人的にゃ。

唐突に国粋主義?あの時の日本だったら、
海外からの売り込みも結構あったんじゃなかろうか。

でも半分くらい?半分以上はボッタクリ目的だったろうけど、ね。

で、攻撃嗜好で直前まで突き進んで、いよいよ「ダメだこりゃ」
ってなった時点で、すっぱり全部を切って捨てて。

「この先は俺の思うとおりにやる。」「これ以上今の方針ではダメだ。」
で突貫工事、全改変、で結果はベスト16。
ラウンド16からラウンド8へ上がる可能性すら見えて来た南ア大会。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、この方針で行くのか・・・?

と思いきや、今度はザッケローニ。イタリアン。
確かに「古風なイタリアン」な方向だったように感じましたし、
それはそれで「一体感」が出来たのかも、ですが。

そこに至るまでの十数年間の蓄積、って
何かあったんだろか?

ニッポン代表の永遠の課題「得点力」を獲得する、じゃなかったの?

でも、岡田氏の作った守備的なフットボール、弱者のフットボールを
基本において、そこから発展させる・・・ってな感じじゃなかったもんね。

ここまで、まぁ、確かに4年1サイクルでそれなりの楽しみはありましたが。
でも、4年事にぶち切って方針をコロコロ変えてりゃ・・・
そりゃ、若手育成もオカシクなるだろうに。

で、ザッケローニの時、結局コンディション作りが失敗だった、
方針はそのまま・・・ってことで?
もっとアグレッシブに、そして「W杯を知っている」監督、ってことで
アギーレを呼んだはず。

アギーレとの別れもちょっと異常な状態ではあったけれど。

んで大急ぎで探してきたのが、ハリルホジッチ。
一瞬、ここは驚いたと同時に、またしても大きく舵を切ったな、
でも今度の切り方は案外面白いかも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と期待はしてみたものの・・・

ちょっとエキセントリックすぎた?
あの?トゥルシエよりももっと激しい?
でも、なんとなく世代交代を、半ば強引に進めようとして
色々とお試しをして、さぁ、これから!という時に・・・

いきなり、解任、ですか?

それなら、もっと前にナンボでもタイミングはあったろうに。
永遠のライバル、韓国相手に4点取られて負けた時だったら、
みんなそれなりにナットクしたろうに。

でもあそこで動かなかった、ってことで、
あの時点で腹くくってたと思ってたのに、なぁ。

ただ、ナイジェリアと日本と、では風土・文化その他もろもろが
あまりにも違いすぎた?
でもそうならば、そこをフォローするのがJFAだろうに。

でも派閥争いで、ハリルホジッチを呼んだ国際派?は一掃されて。
外国との交渉経験もあるはずの現協会長になって、
ハリル派?は事実上一掃されちゃって・・・?

なんだか、そのあたりのゴタゴタが、昨今のスポーツ統括協会の
引き起こす、表向きアスリートファースト、実はお金ファースト、
ってことになっちゃったのかな。

まさか、本番2カ月前に突然の解任?
なんだかんだ言って、結局スポンサーには勝てなかった?
勝とうが負けようが、代表によるゲームがあればそれで良し?

2002年ならともあれ、2018年の今、
思想が進歩していなかったとはね。
バカにするんじゃないよ。って思ったなぁ。

だれか、フリージャーナリストさんが書いてたと思うけど。
この3年間見てて、とても勝てる気はしなかった。
けれども、ここまで来たら「終結」まできちんと見たかった。
3年間を後々有効にするためにはそれしかないはず。

ホントその通りだと思いますよねぇ。
そんな中で、南ア大会みたいに、ハリルマジックが展開されれば、
きっと胸の空く思いだったろうに。

そしてマジックが大はずれだったら、
「次の4年間はここまでの3年間を反面教師にすればいい」
って簡単な結論を出せたろうに。

2カ月前にガラガラポンして、それで勝てるほど、
そんなにヤワじゃないっしょ、W杯って。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにハリルホジッチの場合、軍隊式?ツネに上から?
まるで選手をリスペクトしていない?って記事ばかりだったけれど。
ホントにそうなのかなぁ?

それから、ホンダさんが「ハリルの命令に従うだけのフットボールをやらされるために
日本代表になるのは情けない、恥ずかしい」的な意見、でしたっけ?
が炎上した、と聞きましたが。

別に、そんなん、プロだったら当たり前の考えと違うのかなぁ。
我が家の家風と違いすぎますので辞退します、でいいだろうし。
又は監督視点で「自分の家風と違うので今回は遠慮してくれ」ってのも充分ある話では?

オケに例えるのは強引すぎるけど。
どんな名門オケでも、シェフ(監督・指揮者)が代わって、
新しいシェフの嗜好に合わなければ、スタープレイヤーであっても
「そぐわないからお互いのために別れましょう」ってなるはずだし。

はたまた、シェフの方針とオケの家風とがあまりにもそぐわなければ、
それを理由にシェフの契約解除、ってのも普通にありますが。
その場合、オケの家風、ってのがしっかり確立してるわけで。

なので、今回のJFAとハリルホジッチのケースはこれには該当しないだろうな。
だって、JAFの家風なんて、ないんだもん。

ホンダさんの発言だって、シェフの求めるものと自分の演奏とは違いすぎる、
だから自分は退団する、って思えば「ふーん、あっそう」なのにね。

でも運営理事会が「あのスタープレイヤーがいなくなると収益がた落ち」って判断して
シェフを切る・・・・・・
それも、なんだかなー・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふと、自分の趣味を重ねて見てしまいますが。
いや、実にフットボールとオーケストラ、ってのは似てる部分もあるなぁ、
と前々から思ってはいたのですが。

プロだと、本番直前に指揮者の体調不良で急遽代理が指揮します、
なんてことはざらにありますが。まぁ、本番がしょっちゅうあるわけで。

このケース、オケだとアマオケ定期かな。
半年間練習してきて、でもどうにも指揮者が気に入らない、ってオケが思って
「貴方の指揮では本番出来ません」って違約金払ってでも指揮者を切って、
大慌てでいつも面倒見てくれているセンセに強引に頼んで。。。
でもその依頼が定期公演本番2週間前・・・

そりゃ、オケが好き勝手に演奏するだけで、決して良い音楽にはならんだろうな・・・
とは思いますが。

うーん。やっぱり例えが強引すぎるか?
ヽ(^。^)丿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ともあれ。
正直。JFAは考え得る最悪の手を打ってしまった、とは思うのですが。
でも「こぼれたミルクは元には戻らない」というオシム氏の教えに従い?
今は、ともあれ、なんでもいいから、3連敗するにしても「意味のある」ゲームを
繰り広げて欲しいな、と、ただただそれを願うのみ。

ホント、組織のマネージメントが難しいのは分かるのですが。
外からだけでは無責任なことしか言えず、実は最前線で実務をやっていた当事者達は
決して真相は口外できず、非難を一身に受けてツライのかもしれませんが・・・

それでも。とにかく。
今は目前のロシア大会での成功を祈るのみ。勝ち負け、というより「成功」って結果を
得て欲しい、ただ、そこだけを祈るばかり、です。

さて、今大会。
22人が必死でボールを蹴り合って最後はドイツが勝つゲーム・・・
連覇するのかな?

4年に1度の、1カ月にわたる祭典。楽しみです!




連合白書〈2016〉春季生活闘争の方針と課題
コンポーズユニ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 連合白書〈2016〉春季生活闘争の方針と課題 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐 (中公新書)
中央公論新社
川田 稔

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

地方公共団体における人事評価システムのあり方
第一法規株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地方公共団体における人事評価システムのあり方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
4年に1度の・・・今回はどうなんだろ? uta's world SideA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる