間違い探し?マイナーチェンジのその後は・・・

ここんとこ週末は天気下り坂とか雨とか、
というサイクルに嵌まってたと思うけど、
ようやく?この三連休、結構良い天気になって、
でも特段人混みに出て行く勇気もない、
といいながら、いつものワイン買いだしには
しっかり行ってきた今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラグビーW杯、とうとう終わってしまいましたねぇ。
約40日間に渡るゲームの数々。
俺も「元」ファンだったのを恥じ入る次第。
改めてちゃんと見たら、ルールは複雑化してるとは思うけど、
やっぱり大の男同士が15人×2で1つの楕円球を追いかけ回す、
ってゲーム、ホンマモンは迫力の度合いがちゃいましたね。

で。
10年ほど前まではフィジカル勝負な側面が
もの凄く強調されてしまい、
ティア1とティア2とではやる前から結果が分かってる、
でもって実際やっても「想像通り」の結果になる・・・

結果が分かってるスポーツって、面白い?
しかも日本協会は放映権を有料CSに販売しちゃったから、
なおさら普通の人が見る機会もなくなり。

んで、ルールは複雑化するわ、
ガタイのごつい方が勝つに決まってるわ・・・

だから日本のラグビーって衰退したんだと思うのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱりターニングポイントは
ブライトンの奇跡
でしょうね!

フィジカルにおいて猛烈に(?)劣るニッポンが、
機動性、規律性、団結力をもって
南アと互角にゲームをして、
ついには勝ってしまう!というまさに奇跡。

マイアミの奇跡以上に「あり得ない」とされたことが起こったあの時から
日本のラグビーはいきなりステージが上がったんでしょうね。

それを考えると、やっぱりエディー・ジョーンズの
名将ぶり、エディーを起用した日本協会の判断のよさ、
それが全てにおいて良い方に行ったんでしょうね・・・

ただ、エディー。。。人間性が・・・

でもその後を引き継いだジェイミー・ジョセフが
エディーのベースにペーストを加えた?かのような
新しい「ジャパン・ウェイ」を示したのが
本大会でしたね。
でも脚光を浴びていないけれど、作戦立案の参謀役、
攻撃担当のトニー・ブラウンと防御担当のスコット・ハンセン。
この二人がいなければジョセフ・ジャパンは
ここまで来なかった、という話も。

でもこの二人は、もう次が決まってるんですよねぇ。。。
やっぱり日本協会は・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、やっぱり世界的なスポーツの祭典、
それが日本で開催されることの栄誉と誇り、
また今回期間中にあった様々な出来事、
豪雨被害、台風被害などなど、もからんだ、
オフ・ザ・ピッチの沢山の感動的な話。

エディー・ジョーンズではないけれど、
「この大会にはラグビーの素晴らしさの全てが詰まっていた。」
というのが当を得たヒトコトでしょうね。

本当に始まる前は客は来るのか?と思ってたけれど。
ホントに、こんなに盛り上がって、日本もベスト8って。

あぁ、せめて。平尾誠二さんに見て欲しかったなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで。
前振り?がラグビーたっぷりになりましたが。

W杯が終わった後の天気の良さにつられて。
いや、例によって「なんかちょうだい」につられて。

底抜けな秋晴れに昼寝ももったいないや、と思って、
出かけてきました。
お世話になってるMINI屋さんへ。

今日はそのインプレッション、ちょびっとだけ。

俺、今MINI・CLUBMANに乗ってるんですよね。
2年前までPACEMANだったのですが、
CLUBMANの新型が投入されて、
ディーラーさんから「PACEMANだと下取りが苦しいっす」
と「耳元でささやかれて」・・・

本当に気に入ってたPACEMANだったのですが、
泣く泣くお別れ・・・やっぱり背に腹はかえられない?

で、そのCLUBMAN。
発表されてから3年、ってことで
マイナーチェンジが行われた、とのこと。

で、ちょうど市内ドライブがてら天気もいいし、
ってことで試乗車乗せてもらいに出かけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そもそもこのCLUBMAN。
BMWグループがMINIをCセグメントに投入するため
に、それまであったCLUBVANを大改造、
もうハッキリと「4ドア」仕様にしちゃったわけで。
でも観音開きの「伝統」は
ラゲッジスペースのドアに残してて。
なのでMINIとしては、これ6door、って称呼してますねぇ。

その直前に、MINI本体がフルモデルチェンジして、
とうとう「3ナンバー」になっちゃった・・・ってのが
ありましたが。
ワタシャそれでも大好きなフォルムだったのですが。

どうにも、今の日本では2ドアのかっこよさより
4ドアの実用性の方が遙かにいいそうで。
(でも日本に限った現象ではないらしい、とか?)

なので、その後MINI5doorが発表されましたが。
率直に、それってどうよ?と思ってたんですよねー。
MINIといえばそりゃ2ドア(3ドア)でしょうよ?と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも。初めて今乗ってるCLUBMANを見たとたん。
正直、一目惚れしてしまいました。
だって、めちゃエレガントなんだもん。
しかも、色だってバーガンディ。
で、好みで屋根はメタリックシルバー。
うーん。3ドアがポップなら、こっちは6ドアの「大人じゃん」
みたいな。

で、カミさんも「MINIといえば3ドア」だったのですが、
「例外として」この色でこのデザインなら4ドアも良し、と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなでお世話になったのですが・・・
調子良く乗ってた矢先。
もう去年になるのかな?

MINIのマイナーチェンジが行われて。
その写真を見て「!!!」
なんと、テールランプが「ユニオンジャック柄」
になってるじゃ、ありませんか?!

カミさんとみて、「これ、めちゃええやん!」
「これ、付け替えたいー!」
挙げ句「こっちの方がよかったー!(T-T)」と
いった様相を呈する俺の心。

うーん。ディーラーさんにヤラレタぁ。。。
でもよく考えて見ると、MINIのテールランプは
「縦型」で、CLUBMANのそれは「横型」
なんですよねー。

だから自分で自分をごまかしつつ・・・
「あれは縦型だから。横型だとユニオンジャック柄をどう切り取るの?」

でもきっと、CLUBMANのマイナーチェンジの時には・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と思ってたら、やっぱり案の定!
ユニオンジャック柄でやんの。

でもよーく考えたら、ユニオンジャックって、
ホントは左右対称じゃないんですよね。
どこだっけ?スコットランド?白地に青の「X」字。
あれを組み合わせる時、あーだこーだで、左右対称には
なっていないはず・・・

デザイナーさんもそこは散々悩んだらしいですが・・・
結局の所、左右対称なデザインになっちゃった、とのこと。
でもまぁ、俺はイングランドは好きだけどイングランド人ではないし、
別にそこは「かっこよければ」それで良し、ってことで!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、その他のマイナーチェンジといえば・・・
実はディーラーさんに聞くと殆どなにもないらしいんですね。
というのが、現行(マイナーチェンジ前)のものの
完成度がとても高い、という評価だったらしくて。
でもお商売的に3~5年たったら
テコ入れも兼ねてマイチェンが必要、という
マーケット的な要請もあって、
あえてマイチェンをした、とのこと。

なので、足回り、エンジン回りはさほど変更無し、
あえて言えば、例によってJCWがごっつい仕上がりになったのと、
エクステリアがちょびっと違う、という点でしょうか。

写真を見たカミさんは、やっぱり
そういう部分に敏感なようで。

フロントグリルが張りだして、全面蜂の巣になったんですよね。
でも俺はちょっとそこは押し出す所とちゃうやん?
と思っていたら、カミさんも同意見で。
「いやーん、今の顔の方がええわ。エレガントやもん。」
とのこと。

確かに、CLUBMANにトヨタのアルファードとかの
張り出しの厳つさなんていらないし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから、あろうことか?!
マイチェン後のCLUBMANのラインアップから
バーガンディがなくなった、って!?
なんと!?モッタイナイ!
あの色が一番エレガントだったのにねぇ。。。

代わりに投入された新色が
「インディアン・サマー・レッド」と
「エニグマティック・ブラック」という2色。
特にインディアン・サマー・レッドはマイチェン後のCLUBMANの
イメージカラーなのだ、とか。

で、写真を見て率直に・・・なんかオレンジ?
ブラッディーオレンジなら、チンクエンタ500のオレンジの方が
もっと鮮やかだったよなぁ・・・と。

でも、現物を見たら案外捨てたもんじゃないな、と。
写真だとくすんで見えたのですが、
現物を見ると、若干ピンクがかったオレンジ?
ほんのり明るい?オレンジ?
でもまぁ、日本車のくすんだカラーよりは
よっぽど良い感じのオレンジ。

でも反面、エレガントではないよなぁ・・・
なんちゅうの?アラサー(平成語)あたりの連中が
ワイワイがやがや乗るのには良さそうな色。。。かな。

それよりも「ブラック」の方が興味アリでしたね。
これはMINI3ドア・5ドアでも採用されてるそうですが。
なにやら俺の会社でも作ってる(でも全然売れてない)
特殊な塗剤を使って、光の当たり具合で
ディープブルーに見える・・・
つまり、ミッドナイトブルーのタキシード、
みたいな感じなんですよね。

いっや~、車の塗装・カラーリングでこんなことができるなんて!
むしろこっちの方が「エゲレス」っぽいな。
オレンジは「エゲレス人が無理してイタリアーンしてみました」
みたいな感じだったし・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、エクステリアの変更もその程度。
で試乗車なんだし、ちゃんと試乗もしました。

ガソリンの「S」でしたけど、
ガソリンは随分久しぶり。
言われてみれば、やっぱり「軽油」だとエンジン音が響くけど、
「ガソリン」だと、ホント静かでスムーズ。
PACEMANの時は車重のせいと、エンジンパワーの関係で?
「どっこらしょ」という発進時の印象もあったのですが。
今日乗ったエンジンの「S」タイプ、
あれ?こんなにガソリン車って静かでスムーズだっけ?と。
どうも、今欧州で普通になってるターボもあるようで。

なので、ゴーカートテイストはあるものの、
やっぱり乗ってみたら3ドアのやんちゃさはなくって、
「大人じゃん?」な感じではありましたね。
だから、これはこれで大好きなフィーリングでした。

ハンドル操作通りにピタッと路面を掴んで動いて、
アクセル操作通りに動く・止まる。
こういう自然さ、っていいな、って思います。

殆ど足回りの味付けも変えていない、ってのも
良く判ります。
これ、どう変えても今の方がいい、ってことに
なりそうな感じしましたモン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまぁ、そんなこんなで小一時間、ディーラーさんと
試乗もして、お話もしたわけですが。

乗ってみて、やっぱりテールランプのユニオンジャックがあれば
今のヤツのままでいいや、ってのが正直な所・・・

と思っていたら、なんと、テールランプの嵌め変えは
多分可能、そういう公式オプション品も出るだろう、
とのこと!

うーん。それは楽しみな!
実際、3/5ドアタイプでも、テールランプを付け替える人、って
続出してるのだそうで。

じゃ、是非俺も!と聞けば・・・
「多分、10万円くらいじゃないか、って話なんですよねー。」
・・・・・寒い・・・

聞けば今日、関西では木枯らし1号が吹いた、とか。

秋は一体どこ行った?
ラグビーW杯に気を取られてるウチに
秋ももう終わりが近いんだろうか?

でも秋晴れの今日みたいな天気、
暑くも寒くもない1日、
CLUBMANでドライブ、ってのも悪くないですよ。

むしろ、マイチェンしたから、中古車で「マイチェン前」のやつを買って、
テールランプだけ付け替える、ってのが案外正解なのかも?

いやいや、久しぶりに試乗車、楽しませてもらいました。

それにしても。どこかに大金、落ちてないかなぁ・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント