久しぶりのオケ練(指揮者練習)

確か今は2月半ば、冬真っ盛りのはずなのに、
なんですか?なんですと?
最高気温が20℃で晴れ?
それってまさに「4月上旬並み」やんけ?
と思って外に出たら、ホント、冬服だと
知らないうちに汗かいたり、マジ蒸し暑くなったり、
でもだからと言って薄着だときっと夜に冷えてやられて、
新コロなんだか風邪なんだかインフルなんだか
わからなくなってしまう、
やつら、そこまで戦略を立てて勢力を拡張しとるんか?
しかも最近は「逃避異変」とかいう
メンドーなヤツが出てきて、
ホントに今年前半までに国内の安全が確保されて
オリンピックができるのか?
出来たにしても「巨大バブル」でやるのか?
やっぱりここはアスリートの皆さんには
本当に申し訳ないけれど、無理なら無理、って
早く決めた方がかえってええのとちゃうか?
などと、先週の新聞・ニュースを見て思った
今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この週末、マジ「あったかかった」っすよねぇ。
さすがに「暑い」とまでは行きませんでしたが、
やっぱりインドア・アウトドア、で着るモノが全然違う?
汗かいたまま夜を迎えたら風邪ひいちゃう?
今このタイミングで風邪ひいたら、そりゃもう・・・

対抗策として、ようやく日本でもワクチンが
手に入り出したようですが・・・
俺個人としては打っておきたいけれど。
一般人が普通に打てる日は来るんだろうかねぇ・・・

そんな新コロ野郎のせいで、
去年1年間、俺のいる あまおけ の公演は全部吹っ飛んでしまい、
新コロ助成金にどんどんお金が必要になった、
ってことで、毎年楽しみにしていた「子供向け」の
コンサートも「中止」じゃなく「廃止」になったようで。

ホンマ、ほんまにホンマやで。

とどこに怒りをぶつけて良いのやら?

しかも演奏会中止は明らかに新コロだ、ってのに
俺が勝手に中止を決めやがった、だのなんだの。
こういうの、って動き出したら止めるの難しいんですよね。
もしいったん演奏会を開催、その後中止、となったら
チケット代金を全部払い戻し?
そういう舞台裏の大変さもしらない「ご年配ズ」は
あたかも東京大会組織前委員長かのような存在?

そんな胡散臭いご老体ズも抱えながら、
それでもやっぱり組織として存在する以上
演奏会、ってのはやってみたいもの。
改めてアマオケの演奏会、って自己満足に過ぎないな、
ってこの1年思いましたネぇ。

だってね。うちの練習日は実は毎週水曜日なんですが。
1年間、相棒とか特捜9とか、しっかり家で見て
楽しめる、なんて日が来るとは思わなかったですもん。
つまり、1年間(実際には約10カ月?)ほど
活動停止、ってことになったわけで。

でもこれこそが「正常化バイアス」ってやつなんでしょうが。
専門家や行政が「夜間自粛」と言ってるからと言って、
「昼間は何をしてもOK、3密OK」ってわけじゃない・・・

という「自分に都合の悪胃部分」は全部脳内削除して
自分の都合の良い場面だけ切り取って消化する・・・

土日なら昼に練習出来るからOKっしょ?とか。

あのー。それ以前に「移動」すら危険を伴う行為だ、
っていうの、今や常識人の常識なんすけどね。

ま、最悪ご年配ズが「当たっても」老い先思い残すことは
ないから平気なんだろうけれど。
俺なんかワクチン注射も怖いけど、それ以上にcovid-19
にかかってしまうことの方がもっとコワイもんね。

そんなこんなで、新コロのせいですっかり中止状態だった
俺のいる あまおけ 。

実はその危険を顧みず?
とうとう、文字通り?1年振り?に客演指揮者を迎えての
Tutti練習がありました。

実は去年10月から細々とオケ活動はしていたのですが。
なんせ、身内だけでやるから俺としちゃ緊張感のない、
弛緩しきった時間だけが過ぎていく、という感じで・・・

でも1年振りにオケ活動できた、ってのは
我ながらよー耐えた、と思うけれど、
それを祝ってくれる・御礼を言ってくれる、等などは
ぜーーーーーーーーーーーーんぜんありませんでしたもんねー。
なんか、マジムカツクけど。
いや、薔薇の花びら撒いて赤絨毯で迎えろ、とは言わないけれど。
やっぱりうちの あまおけ って「本当の社会人」は皆目いないんだわ。

で。その、次の定期公演なのですが。

最初は
ラヴェル・道化師の朝の歌/スペイン狂詩曲
そして
ぶるつくなー 交響曲第8番!

なんと豪勢な。溢れんばかりの舞台だこと!

俺としてはここでひと区切り付けて、その次はロシアものがええな、
と思って舵取りをしてきたわけなんですが。

なんですが・・・・

・・・新コロのバカ・・・・・

3密回避、SDをとって、と言われたら、
昨今の実証実験では確かに「オケはいつも通りの距離・配置であっても
感染者から感染者へのいわゆる「ヒト・ヒト感染」は生じない、
と言われても・・・
やっぱりコワイモンはコワイ。「今の」行政府や政治家が舵取りしるのか、
って思ったらもっとコワイ?

早くゼロ・コロナにならんかなー。

という、そんなこんなで、
実は次回公演のプログラムは「都合により」全曲差し替え、と
相成ったわけです。

(1) モーツァルト  交響曲第35番「ハフナー」
(2) ベートーヴェン 交響曲第2番
(3) ブラームス   交響曲第2番

という状態に。
なんとシンフォニーが3つ?!

実は当団がよく使う練習場に人員制限がかかってしまって。
それも50人が上限、という事実。
だからまぁ、それらの場所以外を使えば良さそうなもんですが・・・
実は2020年は東京オリンピック・パラリンビック開催延期の余波で、
練習場も借りにくくなっているし、いつも使う団体だと
「ご贔屓さん」ってことで色々「かたち」に関与してしまっているので、
残念ながら今回のオケ練は(京都市とつながりある場所は)
「土日でも良いじゃない?」って強引に50人の壁を取っ払う
ことはできなかったんですよね。

そうなると、今回のや問題はなぜか弦の皆さんのお気持ち。
「どれに乗っても充分やりがいのある曲にしてほしい」と。
いつものパターンであれば、序曲だけのヒトはつまらない、
その人も同額のノルマを払うのか???????????????????
って・・・・もう学オケの「答えのない問題」みたいなの。
そんな世界、ってもうとっくに卒業したから、
答え見つけたら早くお知らせ下さいね~、。

・・・と、いつもの悪いクセ。脱線しましたが。
新ためて。
昨日はほぼ1年振りに指揮者のオケ練だった、と。
この指揮者さん、随分と子供向け講演でご一緒させていただいてたし、
俺はパキパキと指示してオケを練り上げていくスタイルが好きだし・・・
なんだけど、なぜか例の「ご高齢者ズ」に嫌われて。
(それは「ヒトとして」口に出す言葉ではあるまい、みあいなのまで。)

なんか、そういう選民思想にあふれた学オケ時代を過ごしたのかな。
いいなー。

で、本当なら/いつものことなら、ここでオケ練の備忘録を・・・
ってなるんですが。
まあ、しばらくはネタ不足しそうだし、今日はこのあたりで。

それにしても。
指揮者練習前の水曜日が「非常事態宣言」の煽りを喰らって
練習出来ず、これも俺が悪いの?
まあ誰かを悪者に仕立て上げて(デマでも良い)、自分は
それに総体できる第一人者だ、という人が居れば委員長、
いつでも代わってあげるぞい。

残念ながら先着1名。興味があればぜひに?!






"久しぶりのオケ練(指揮者練習)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント